ファンギゾンシロップの効能・用量・副作用など

ファンギゾンシロップの基本情報

カンジダは,ふつうの抗生物質では死にません。そればかりか抗生物質の長期投与によってカンジダ症になることがあります(菌交代症)。また,カンジダは人間のからだに広く存在してはいるものの,病気をおこさない程度にしか増殖しないのですが,からだの抵抗力が落ちた場合には異常に数を増すことがあります。
ナイスタチンは,内服のほかに軟膏があります。アムホテリシンBは,内服のほかに注射薬があります。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 真菌症の抗生物質>カンジダ治療薬>アムホテリシンB
形状 シロップ剤
製造販売会社 ブリストル
保険薬価 シロップ剤100mg 1mL 53.60円
同じ分類の薬 先発薬: フロリードゲル    ジェネリック薬: ハリゾン  ナイスタチン 

ファンギゾンシロップの効果・効能

[アムホテリシンBの適応症]消化管におけるカンジダ異常増殖
[ナイスタチンの適応症]消化管カンジダ症
[ミコナゾールの適応症]カンジダ属による口腔・食道カンジダ症

ファンギゾンシロップの用法・用量

1回100mgを1日2~4回。小児の場合は,1回50~100mg(シロップ0.5~1mL)を1日2~4回。

ファンギゾンシロップの使用上の注意と副作用

基本的注意

*アムホテリシンB(ファンギゾンシロップ),ナイスタチン,ミコナゾール(フロリードゲル)の添付文書による

[アムホテリシンB]
(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)服用法など……[シロップ](1)服用前にはよく振って,均等な懸濁液にしてのんでください。(2)口腔内カンジダ症の人が服用するときは,舌で患部に広くゆきわたらせ,できるだけ長く含んだ後,のみこんでください。(3)服用によって歯が黄色くなることがありますが,歯磨きで簡単に除去できます。
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた
[ナイスタチン]
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。「薬の知識」共通事項のみかた
[ミコナゾール]
(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/キニジン硫酸塩水和物キニジン硫酸塩水和物,トリアゾラムベンゾジアゼピン系催眠薬,シンバスタチンHMG-CoA還元酵素阻害薬,アゼルニジピンカルシウム拮抗薬(適応症が高血圧症のみのもの),ピモジドブチロフェノン系薬剤,ニソルジピンカルシウム拮抗薬,エルゴタミン酒石酸塩エルゴタミン酒石酸塩,ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩エルゴタミン酒石酸塩の服用中/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……ワルファリンカリウムワルファリンカリウムの服用中/経口血糖降下薬(グリベンクラミド・グリクラジド・アセトヘキサミドなど糖尿病治療薬(スルフォニルウレア系))の服用中
(3)服用法……(1)口腔カンジダ症の人は,舌で口腔内にまんべんなく塗布し,できるだけ長く含んだ後,のみこみます。(2)食道カンジダ症の人は,口腔内に含んだ後,少量ずつのみこみます。(3)義歯の人は十分な効果が得られにくいことがあるので,義歯をよく洗い,義歯にも塗布します。(4)本剤の誤嚥(ごえん)により呼吸困難,嚥下性肺炎などをおこすおそれがあります。高齢者,乳児,嚥下に障害のある人,ぜんそくの人などは特に注意して服用してください。(5)服用後は,うがいや食物摂取を控えてください。
(4)その他……
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[アムホテリシンB,ナイスタチン](1)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ファンギゾンシロップ - PC

PCB  説明(別ウィンドウ表示)

ファンギゾンシロップに効果効能が似た薬

ファンギゾンシロップが気になる人向けのコラム

まだ若いのに更年期?若年性更年期障害とは

まず、更年期障害のしくみを知りましょう
更年期障害とはそもそもどのようなしくみで起きるのでしょうか。

更年期とはだいたい、「閉経の前5年と閉経の後5年の合わせた10年間」を指します。日本人の女性が閉経を迎える平均的な年齢は、50.... 続きを読む

カンジタ膣炎は誰にでも起こりうるって本当? 実は完治が難しい

「陰部がむずがゆい」「かゆみで寝つけない」「おりものが多くて気持ち悪い」といった症状は多くの女性が経験しています。なかには、同じような症状をくり返して日常生活に差しさわったり、何度も病院やクリニックに通ったことがある方もいらっしゃるかもし... 続きを読む

知っておくと便利な危険な不整脈の見分け方

不整脈とは
まずは、不整脈とはどういうものか確認してみましょう。


心臓は一定のリズムで収縮と拡張(拍動)をくり返し、全身に血液を循環させている。何らかの原因でこの拍動のリズムが乱れた状態を不整脈といい、異常に速くなる頻脈、遅く... 続きを読む

デリケートゾーンのかゆみの原因は? 意外と多い皮膚トラブル

婦人科に来られる患者さんのさまざまな訴えのなかで、生命にかかわることはほとんどないのに、患者さんをひどく悩ませるのがデリケートゾーンのかゆみです。
多くの場合、陰部や腟にはっきりした荒れや腫れがあってかゆみが出ていますが、そうした異常が... 続きを読む

魅力的な体は夜つくられる? ゆがみのないプロポーションの作り方

からだのゆがみがなく、自然なバランスがとれた状態をニュートラルポジションといいますが、そもそも、日本人のからだは欧米人に比べとてもゆがみやすいのです。
日本人は生まれつき、自分のからだの中へ中へと向かう身体感覚をもっているといわれてい... 続きを読む