ネオイスコチン原末の効能・用量・副作用など

ネオイスコチン原末の基本情報

パスパラアミノサリチル酸カルシウム水和物と同様に,古くから使われていますが,耐性菌がやや発現しやすい傾向があります。一般に,INAH(アイナー)と呼ばれています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 結核の薬>イソニアジド>イソニアジドメタンスルホン酸ナトリウム水和物
形状 末剤
製造販売会社 第一三共
保険薬価 末剤   1g 17.50円
同じ分類の薬 先発薬: イスコチン  ネオイスコチン  イソニアジド  ヒドラ  イスコチン原末   

ネオイスコチン原末の効果・効能

肺結核,その他の結核症

ネオイスコチン原末の用法・用量

1日0.4~1g(8~20mg/kg(体重))を1~3回に分けて服用,毎日または週2日。1日1.5gまで増量できる。

ネオイスコチン原末の使用上の注意と副作用

基本的注意

*イソニアジド(イスコチン),イソニアジドメタンスルホン酸ナトリウム水和物(ネオイスコチン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……重い肝機能障害
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害,またはその前歴,あるいはその疑いのある人/腎機能障害またはその疑いのある人/精神障害の前歴/アルコール中毒/てんかんなどのけいれん性疾患またはこれらの前歴/薬物過敏症/血液障害,出血傾向
(3)定期検査……他の抗結核薬(リファンピシンリファンピシンなど)と併用すると,重い肝機能障害がおこることがあるので,併用する場合は,定期的に肝機能検査を受ける必要があります。
(4)飲食物……本剤を服用中に,(1)ヒスチジンを多く含む魚(マグロ,イワシ,サバなど)を食べると,頭痛,紅斑,嘔吐,かゆみなどのヒスタミン中毒症状がおこることがあります。服用中はこれらの魚を控えめにしてください。(2)また,チラミンを多く含む飲食物(チーズ,ビール,赤ワインなど)をとると,血圧上昇や動悸がおこることがあります。服用中は,これらの飲食物を過量に(1食あたりチラミン100mg以上)摂取しないようにしてください。(チラミン含有量:チーズ→0~5.3mg/10g,ビール→1.1mg/100mL,赤ワイン→0~2.5mg/100mL)
(5)その他……
・妊婦での安全性:原則として服用しない。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)劇症肝炎などの重い肝機能障害。(2)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),紅皮症(剥脱(はくだつ)性皮膚炎)。(3)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。(4)発熱,紅斑,筋肉痛,関節炎,関節痛,リンパ節腫脹などを伴うSLE(全身性エリテマトーデス)様症状。(5)けいれん。(6)血小板減少,無顆粒球症。(7)腎不全,間質性腎炎,ネフローゼ症候群。(8)視神経炎,視神経萎縮。(9)末梢神経炎。(10)薬剤性過敏症症候群。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ネオイスコチン原末に効果効能が似た薬

ネオイスコチン原末が気になる人向けのコラム

かぜのような症状が長続きしたら結核かも? 日本人に多い結核

「結核」というと、日本では過去の病気と考える人が多いかもしれませんが、このところそう安心してはいられない状況になっています。
1950年には日本人の死因の第1位を占め、年間12万人以上もの人が結核で亡くなっていました。しかし、生活水準... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

性感染症の症状-クラミジア・淋病・性器ヘルペス・尖圭コンジローマ・エイズ

性感染症は90年代以降急速に広まり、とくに若い世代では、誰もが感染する可能性のある身近な病気になっています。しかし、多くの人は性感染症についてあまりよく知りません。どんな症状が現れる病気なのかを知っていれば、感染したときに気づくことができ... 続きを読む

予防接種ちゃんと受けてる? 定期接種と任意接種の違いとは

あなたは、自分がどんな予防接種を受けてきたか覚えていますか?
ご自分の母子手帳がどこにあるかご存知ですか?
大学生にはしかが流行っている、結核が若年者で増えている、長引く咳が百日咳だった、妊娠している女性社員の隣で仕事をしていた人が風し... 続きを読む

月経前症候群(PMS)には心のケアも必要-症状を軽くする3つのコツ

PMSとはPremenstrual
Syndromeの略で、月経前におこる体と心の不快な症状のこと。日本語では「月経前症候群」といいます。体温が高くなる排卵期から月経までの黄体期(約7~10日間)にみられ、毎月くり返し、月経が始まると症状... 続きを読む