5-FUの効能・用量・副作用など

5-FUの基本情報

5-FU錠50mg

5-FU錠50mg

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


遺伝子RNAに必要なウラシルの代わりに取り込まれて,がん細胞の増殖を抑えます。注射薬は欧米でも使用されますが,内服薬としてはほとんど使用されていません。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 代謝拮抗薬>フルオロウラシル>フルオロウラシル
形状 錠剤
製造販売会社 協和キリン
保険薬価 錠剤50mg 1錠 177.40円
錠剤100mg 1錠 317.90円
同じ分類の薬 先発薬: 5-FU注    ジェネリック薬: ルナポン 

5-FUの効果・効能

消化器がん(胃がん,結腸がん,直腸がん),乳がん,子宮頸がんの自覚的・他覚的症状の緩解

5-FUの使用上の注意と副作用

警告

 本剤とテガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤テガフール配合剤を併用すると,重い血液障害などの副作用がおこることがあるので併用してはいけません。

基本的注意

*フルオロウラシル(5-FU)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対する重いアレルギーの前歴/テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤の服用中または服用中止後7日以内
(2)慎重に服用すべき場合……骨髄機能抑制/肝機能障害/腎機能障害/感染症の合併/心疾患またはその前歴/消化管潰瘍または出血/水痘
(3)二次発がん……他の抗がん薬を併用で,急性白血病(前白血病相を伴う場合もある),骨髄異形成症候群(MDS)が発生したとの報告があります。
(4)水痘……水痘(水ぼうそう)の人が服用すると,致命的な全身状態が現れることがあるので,状態に十分注意してください。
(5)感染症,出血傾向……服用によって,感染症,出血傾向の発現または悪化がおこりやすくなるので,状態に十分注意してください。
(6)定期的に検査……骨髄機能抑制などの重い副作用がおこることがあるので,定期的に血液,肝機能,腎機能などの検査を受ける必要があります。
(7)性腺への影響……小児および生殖可能な年齢の人が服用すると,性腺に影響がでることがあります。処方医とよく相談してください。
(8)その他……
・妊婦での安全性:原則として服用しない。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)激しい腹痛,下痢による脱水症状。(2)出血性腸炎,虚血性腸炎,壊死性腸炎など重症の腸炎。(3)汎血球減少,白血球減少,貧血,血小板減少などの骨髄機能抑制。(4)白質脳症(初期症状:歩行時のふらつき,四肢末端のしびれ感,舌のもつれなど),精神神経症状(錐体外路(すいたいがいろ)症状,顔面麻痺,言語障害,運動失調,眼振,せん妄,意識障害,見当識障害,記憶力低下など)。(5)重い口内炎,消化管潰瘍。(6)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。(7)嗅覚障害(長期服用者に多い),嗅覚脱失。(8)肝機能障害,黄疸。(9)うっ血性心不全,心筋梗塞,安静狭心症。(10)急性腎不全などの重い腎機能障害。(11)急性膵炎。(12)その他,類似薬(テガフール製剤)で劇症肝炎などの重い肝障害,肝硬変,心室性頻拍,ネフローゼ症候群,皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),溶血性貧血。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

5-FUが気になる人向けのコラム

子宮頸がんの精密検査-異形成の治療法について

子宮頸がん検診の結果、前がん状態やがんが見つかったらどのような治療法を行うのでしょうか。自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生に伺いました。 確定診断は「コルポ診」「組織診」で 子宮頸がん検診で細胞診やHPV検... 続きを読む

なぜ子宮頸がん検診が必要なのか-検診のみで予防できるガン

女性の誰もがかかる可能性のある「子宮頸がん」。子宮頸がん検診の重要性について、こころとからだの元氣プラザ診療部長・小田瑞恵先生に伺いました。 初期症状がなく何度でも感染するため、予防には検診が必須 初期症状がない「子宮頸がん」は、... 続きを読む

若い女性に急増している子宮頸がんの予防法

20代~30代の若い女性に急増

子宮頸部の上皮(粘膜)から発生するがんのことを子宮頸がんといいます。
子宮頸がん - goo ヘルスケア

子宮頸がんは、子宮頸部に発症する女性の病気です。1年間で子宮頸がんと診断される女性は、... 続きを読む

正常な細胞が子宮頸がんになるまで-HPV感染から異形成まで

「子宮頸がん」はウイルスによる感染が原因で起こるがんです。細胞ががんに変わるまでには、長い時間がかかります。正常な細胞が子宮頸がんになるまでの過程を自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生に解説してもらいました。 ... 続きを読む

子宮頸がんの細胞診とHPV検査-併用すれば予防により有効に

子宮頸がん検診には、細胞診とHPV検査があり、約50の市区町村では細胞診とHPV検査の併用検診が実施されています。細胞診とHPV検査について、自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生に伺いました。 細胞診とHPV検... 続きを読む