エフミンの効能・用量・副作用など

エフミンの基本情報

合成黄体ホルモンの製剤ですが,前立腺がんへの効果は抗アンドロゲン作用と血中テストステロン低下作用によるとされています。ただし,がん治療薬としては欧米では使用されていません。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 ホルモン剤・抗ホルモン剤>黄体ホルモン(2)>クロルマジノン酢酸エステル(25mg錠)
形状 錠剤
製造販売会社 富士製薬=科研
保険薬価 錠剤25mg 1錠 37.40円
同じ分類の薬 先発薬: プロスタール    ジェネリック薬: クロキナン  ゲシン  サキオジール  プレストロン 

エフミンの効果・効能

前立腺肥大症,前立腺がん

エフミンの使用上の注意と副作用

基本的注意

詳細については,内服12-02-09黄体ホルモンの黄体ホルモンを参照してください。

エフミンが気になる人向けのコラム

前立腺がんの基礎知識 3つの危険因子|前立腺がんの主な検査方法

国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、わが国で1年間に新しく前立腺がんにかかる人は約42,997人(2005年データ)、1年間に前立腺がんで亡くなる人は10,036人(2009年データ)と発表されています。年... 続きを読む

中高年男性に前立腺がんが急増!50歳以上は年に一度の検査を

現在日本でもっとも増えているがんは前立腺がんです。前立腺は、男性の骨盤の奥深いところ、膀胱を支える位置にあります。甲状腺や唾液腺と同じように分泌液を産するところで、その分泌液(前立腺液)を尿道に出しますが、不思議なことに、臓器としての役割... 続きを読む

男性の更年期障害の症状とは-治療法と生活習慣から改善するコツ


更年期障害といえば、以前は女性だけが抱える問題だと考えられていました。ところが最近、男性にも更年期障害があることがわかり、注目されています。
症状で多いのは、疲れやすい、何事にもやる気が起きない、気分が沈みがち、性欲が低下した、勃起... 続きを読む

1回の採血でAICS検査-アミノ酸濃度でがんリスクが分かる

最近、人間ドックや健康診断で“「アミノインデックス」がんリスクスクリーニング(AICS)”と呼ばれる検査を導入する医療機関が増えています。どこかで耳にしたことはありませんか?
「アミノインデックス」とは、血液中のアミノ酸濃度を測定して... 続きを読む

過活動膀胱ってどんな病気? 主な3つの症状と治療法

「過活動膀胱」という病気を知っていますか?
OAB(Overactive Bladderの略)ともいい、2002年に国際尿禁制学会(排尿機能などに関する国際学会)で定義が大幅に変更されたいわば新しい病名です。主な症状は、我慢できないほど強... 続きを読む