インドメタシン坐剤の効能・用量・副作用など

インドメタシン坐剤の基本情報

NSAID(非ステロイド系解熱鎮痛薬)の坐薬です。40年以上の歴史があります。参考:内服のインドール酢酸系NSAIDインドール酢酸系NSAIDを参考にしてください。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 解熱・鎮痛・消炎薬>インドメタシン>インドメタシン
形状 坐剤
製造販売会社 イセイ
保険薬価 坐剤25mg 1個 19.30円
坐剤50mg 1個 19.30円
同じ分類の薬 先発薬: インテバン坐剤  インデラニック坐剤  ミカメタン坐剤  インドメタシン坐剤  インメシン坐剤   

インドメタシン坐剤の効果・効能

関節リウマチ・変形性関節症の消炎・鎮痛/手術後の炎症および腫脹の緩解

インドメタシン坐剤の使用上の注意と副作用

基本的注意

*インドメタシン(インドメタシン坐剤)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……消化性潰瘍/重い血液異常・肝機能障害・腎機能障害・心機能不全・重い高血圧症・膵炎/本剤の成分またはサリチル酸系薬剤(内服のアスピリンアスピリンなど)に対するアレルギーの前歴/直腸炎,直腸出血,痔疾/アスピリンぜんそく(非ステロイド性解熱鎮痛薬などにより誘発されるぜんそく発作),またはその前歴/内服のトリアムテレントリアムテレンの服用中/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)特に慎重に使用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……小児
(3)慎重に使用すべき場合……消化性潰瘍の前歴/非ステロイド性消炎鎮痛薬の長期使用による消化性潰瘍のある人で,本剤の長期使用が必要であり,かつミソプロストールによる治療が行われている人/血液異常またはその前歴/出血傾向/肝機能障害またはその前歴/腎機能障害またはその前歴/心機能障害/高血圧症/膵炎/過敏症の前歴/てんかん,パーキンソン症候群などの中枢神経系疾患/気管支ぜんそく/SLE(全身性エリテマトーデス)/潰瘍性大腸炎/クローン病/高齢者
(4)対症療法……本剤による治療は原因療法ではなく,単に痛みを止めたり,熱を下げたりするだけの対症療法に過ぎないことを忘れないでください。
(5)危険作業は中止……本剤を使用すると,眠け,めまい,ふらつきなどが現れるおそれがあります。本剤の使用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(6)その他……
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(冷汗,顔面蒼白,呼吸困難など)。(2)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN),剥脱(はくだつ)性皮膚炎。(3)急性腎不全,間質性腎炎,ネフローゼ症候群。(4)再生不良性貧血,溶血性貧血,骨髄抑制,無顆粒球症。(5)消化管穿孔(せんこう),消化管出血,消化性潰瘍,腸管の狭窄・閉塞,潰瘍性大腸炎。(6)ぜんそく発作(アスピリンぜんそく)。(7)けいれん,昏睡,錯乱。(8)うっ血性心不全,肺水腫。(9)性器出血。(10)血管浮腫。(11)肝機能障害,黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

インドメタシン坐剤に効果効能が似た薬

インドメタシン坐剤が気になる人向けのコラム

インド伝承のアーユルヴェーダとは? 自分でできるマッサージ法

悠久の歴史を持つインド。アーユルヴェーダはそこで生まれた伝承医学です。最近ではエステのメニューなどでもしばしば耳にする言葉なので、関心を持っている人も多いことでしょう。アーユルヴェーダが誕生したのは約3千年前といわれています。語源はサンス... 続きを読む

「ヨーグルト」が菌による膣の炎症に効果あり!

「カンジダ」とはどのような病気?

真菌(しんきん)(カビ)の一種であるカンジダは腟内の常在菌のひとつです。
カンジダが異常増殖することによって、外陰部の皮膚に症状を来す疾患を外陰カンジダ症といいます。通常、腟炎(ちつえん)を合併す... 続きを読む

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

関節リウマチの初期症状に注意! 早めの治療が大切な理由

人間の骨格は関節でつながっています。その数は全部で68個。脊椎(せきつい)のようにあまり動かない関節もありますが、膝(ひざ)関節や手足のように大きく動かせる関節が、私たちの体の自由な動きを支えています。この関節に原因不明の炎症がおこり、痛... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む