イドメシンコーワパップの効能・用量・副作用など

イドメシンコーワパップの基本情報

NSAID(非ステロイド系解熱鎮痛薬)の経皮吸収貼り薬です。ロキソプロフェン,フルルビプロフェンは貼り薬としてはまだOTC薬として販売されていませんが,ほかの成分はすでにOTC薬(大衆薬)として販売されています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 解熱・鎮痛・消炎薬>非ステロイド抗炎症貼付薬>インドメタシン
形状 貼付剤
製造販売会社 興和=興和創薬
保険薬価 貼付剤10㎝×14㎝ 1枚 18.40円
同じ分類の薬 先発薬: インサイドパップ  ラクティオンパップ  インテナースパップ    ジェネリック薬: セラスターテープ  インテナシンパップ 

イドメシンコーワパップの効果・効能

次の疾患・症状の消炎・鎮痛→変形性関節症,筋肉痛,外傷後の腫脹・疼痛/(ロキソプロフェンナトリウム水和物を除く)肩関節周囲炎,上腕骨上顆炎(テニス肘など),腱・腱鞘(けんしょう)炎,腱周囲炎
[ケトプロフェンのみの適応症]腰痛症(筋・筋膜性腰痛症,変形性脊椎症,椎間板症,腰椎捻挫(ねんざ))の消炎・鎮痛,関節リウマチにおける関節局所の鎮痛

イドメシンコーワパップの使用上の注意と副作用

基本的注意

*ケトプロフェン(モーラステープ),フルルビプロフェン(ゼポラステープ),ジクロフェナクナトリウム(ナボールパップ)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤または本剤の成分に対するアレルギーの前歴/アスピリンぜんそく(非ステロイド性解熱鎮痛薬などにより誘発されるぜんそく発作)またはその前歴
[ケトプロフェンのみ]内服のチアプロフェン酸アリールプロピオン酸系NSAID,スプロフェン非ステロイド抗炎症外用薬(皮膚炎用),内服のフェノフィブラートフィブラート系薬剤,オキシベンゾン,オクトクリレンを含有する製品(サンスクリーン,香水など)に対するアレルギーの前歴/光線過敏症の前歴
(2)対症療法……本剤による治療は原因療法ではなく,単に痛みを止めたり,熱を下げたりするだけの対症療法に過ぎないことを忘れないでください。
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:[ケトプロフェン]未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[ケトプロフェン,フルルビプロフェン,ジクロフェナクナトリウム](1)ショック,アナフィラキシー様症状(じん麻疹,呼吸困難,顔面浮腫など)。(2)(貼付してから数時間で)ぜんそく発作(アスピリンぜんそく)の誘発。
[ケトプロフェンのみ](3)接触性皮膚炎。(4)光線過敏症(発疹・発赤,かゆみ,むくみ,水疱など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

イドメシンコーワパップが気になる人向けのコラム

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

不妊治療の3つの壁-ストレスをためない治療の進め方のポイント

不妊治療は、精神的にも体力的にも負担がかかります。夫婦で協力しあうことが必要不可欠なのですが、考え方の温度差からイライラが募る場合も。離婚ということになる前に、解決する方法を見つけましょう。 不妊治療でケンカになりやすい3項目 女性は... 続きを読む

35歳以上の高齢出産が増加|妊娠中にできるリスク回避法や生活習慣のコツ

初産が35歳以上という人も多くなってきた昨今。高齢出産のリスクとそのリスクをできるだけ低くする方法と、母子ともに健康でいるためのコツをまとめました。 10年で2倍に増えた高齢出産 女性の社会進出や晩婚化が進み、年齢が35歳以上で妊娠・... 続きを読む

J・ジャクソンが50歳で妊娠! 40・50代の高齢不妊で妊娠できる確率は?

先日、米国の人気女性歌手ジャネット・ジャクソンさんが50歳で第1子を妊娠していることを公表しました。 晩婚化が進む現代では、高齢出産が増えてきていますが、妊娠・出産できる確率は、加齢とともに低くなるのは周知の事実です。40代、50代で出産し... 続きを読む

話題の【筋膜リリース】は、もんでも直らない肩コリの救世主

最近、よく聞くようになった「筋膜リリース」。その歴史は意外と古いということを知らない方も多いのでは?
「筋膜は姿勢を形作っている器官である」ということをいち早く唱え、筋膜に対する総合的なアプローチ方法を開発したのは、1940年代のアメ... 続きを読む