ノルスパンテープの効能・用量・副作用など

ノルスパンテープの基本情報

オピオイド薬物(モルヒネの類似薬物)の一種です。麻薬には指定されていませんが,依存性があり,向精神薬に指定されています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 解熱・鎮痛・消炎薬>ブプレノルフィン塩酸塩>ブプレノルフィン塩酸塩
形状 貼付剤
製造販売会社 ムンディファーマ=久光
保険薬価 貼付剤5mg 1枚 1,572.80円
貼付剤10mg 1枚 2,423.70円
貼付剤20mg 1枚 3,735.10円
同じ分類の薬 先発薬: レペタン坐剤   

ノルスパンテープの効果・効能

[レペタン坐剤の適応症]術後ならびに各種がんにおける鎮痛
[ノルスパンテープの適応症]非オピオイド鎮痛薬で治療困難な変形性関節症,腰痛症に伴う慢性疼痛における鎮痛

ノルスパンテープの使用上の注意と副作用

基本的注意

*レペタン坐剤,ノルスパンテープの添付文書による

(1)使用してはいけない場合……[レペタン坐剤]直腸炎,直腸出血,著しい痔疾/本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重い呼吸抑制状態,肺機能障害/重い肝機能障害/頭部傷害・脳に病変があり意識混濁が危惧される人/頭蓋内圧上昇/妊婦または妊娠している可能性のある人/[ノルスパンテープ]本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重い呼吸抑制状態・呼吸機能障害
(2)慎重に使用すべき場合……[レペタン坐剤]呼吸機能低下/肝機能または腎機能低下/胆道疾患/麻薬依存/薬物依存の前歴/高齢者[ノルスパンテープ]呼吸機能の低下している人/心電図でQT延長をおこしやすい人/薬物・アルコール依存,またはその前歴/脳に器質的な障害のある人/ショック状態にある人/肝・腎機能障害/麻薬依存/麻痺性イレウス/胆道疾患/高熱のある人
(3)安全の確認……本剤を使用後,特に起立・歩行時に悪心,嘔吐,めまい,ふらつきなどがおこりやすくなります。使用後はできるだけ安静にし,安全を確認してから行動してください。
(4)危険作業は中止……本剤を使用すると,眠け,めまい,ふらつき,注意力・集中力・反射運動などの低下をおこすおそれがあります。本剤の使用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(5)その他……
・妊婦での安全性:[ノルスパンテープ]有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック(顔面蒼白,呼吸困難,チアノーゼ,頻脈,全身発赤など)。(2)連用による依存性,長期使用後の急な中止による不安,不眠,興奮,ふるえ,吐きけ,発汗などの離脱症状。(3)呼吸抑制,呼吸困難。
[レペタン坐剤のみ](4)(手術後早期に)舌根沈下による気道閉塞。(5)せん妄,妄想。(6)急性肺水腫。(7)血圧低下による失神。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ノルスパンテープに効果効能が似た薬

ノルスパンテープが気になる人向けのコラム

がん治療にかかる費用ってどのくらい?

がん治療も公的医療保険の範囲内
がんの治療においても、その多くが公的医療保険の適用範囲内で、自己負担額を大きく減らすことができます。しかし、一部の先進医療については公的医療保険の適用外となっており、その医療法を選択した場合には多額の自己... 続きを読む

がん患者数No.2の“大腸がん”を徹底追及

男女ともに増えているがん"大腸がん”
日本でかかる人が増えているがんは、「大腸がん」です。食生活が欧米化し、脂肪や蛋白の摂りすぎ、食物繊維の不足などが原因と考えられています。


日本人では、1万5000〜1万7000人に1人発症... 続きを読む

若い女性に急増している子宮内膜症‐主な症状や痛み方とは

子宮内膜症は、子宮内膜(子宮の内側の粘膜組織)あるいは子宮内膜症によく似た細胞が、子宮以外の場所に増殖してしまう病気です(図参照)。子宮以外の場所とは、たとえば卵巣、卵管、直腸と子宮の間(ダグラス窩)などで、ときには肺のなかまで発生します... 続きを読む

私に払えるの? 知っておきたい【女性のがん】にかかるお金

有名人のがん告白などの報道に触れると、「もしも私ががんにかかったら……」と不安になりますね。「手術の費用は何百万?」「治療が長く続いたら?」「働けなくなって収入がなくなったらどうするの?」等々、お金の悩みも尽きません。 そこで、実際にが... 続きを読む

子宮頸がん予防ワクチン

「子宮頸がん」は、子宮の入り口にできるがん。国内で毎年約2万人が診断され、約3500人が亡くなっています。つまり、毎日約10人が亡くなる計算に。「発症のピークは35歳ですが、最近では20代の罹患率が高くなっています」(今野 良先生)... 続きを読む