ピトス点眼液の効能・用量・副作用など

ピトス点眼液の基本情報

副腎皮質ステロイドの抗炎症作用・抗アレルギー作用を眼の炎症に応用した点眼薬です。連用すると副作用が出る可能性があるので,定期的な検査が必要です。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 眼科用ステロイド薬>眼科用ステロイド薬>フルオロメトロン
形状 液剤
製造販売会社 わかもと
保険薬価 液剤0.02% 1mL 17.60円
液剤0.1% 1mL 20.50円
同じ分類の薬 先発薬: PSゾロン点眼液  サンテゾーン点眼液    ジェネリック薬: サンテゾーン眼軟膏  D・E・X眼軟膏T  ビジュアリン点眼液 

ピトス点眼液の効果・効能

外眼部・前眼部の炎症性疾患(眼瞼炎,結膜炎,角膜炎,強膜炎,上強膜炎,虹彩炎,虹彩毛様体炎,ブドウ膜炎,術後炎症など)

ピトス点眼液の使用上の注意と副作用

基本的注意

*フルオロメトロン(フルメトロン点眼液),ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム(リンデロン点眼・点耳・点鼻液)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)特に慎重に使用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……角膜上皮剥離,角膜潰瘍/ウイルス性結膜・角膜疾患,結核性眼疾患,真菌性眼疾患,化膿性眼疾患
[ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム]耳および鼻の結核性・ウイルス性疾患
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。原則として長期・頻回に使用しない。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)(連用で数週間後から)眼内圧亢進,緑内障。(2)角膜ヘルペス,角膜真菌症,緑膿菌感染症などの誘発。(3)(角膜ヘルペス,角膜潰瘍,外傷などに使った場合)穿孔(せんこう)。(4)(長期使用で)後のう下白内障。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ピトス点眼液が気になる人向けのコラム

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状

地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 膵臓と聞いて、どこにあるかすぐにわかる人は少ないのではないのでしょうか。膵臓は長さ15cmぐらいのタラコのような形をした臓器で、胃の裏側にあります。触診が難しい位置で、異常があ... 続きを読む

大人がうつると大変なヘルパンギーナに要注意

高熱とのど奥の水疱が主症状
ヘルパンギーナは、毎年夏から秋にかけて小児の間で流行しやすい夏風邪の一種です。コクサッキーウイルスが主な感染源ですが、原因となるウイルスは他にもあり、何度もかかる可能性があります。


毎年7月ごろをピ... 続きを読む

いつも飛ぶ目の前の蚊…「飛蚊症」の原因と治療法

飛蚊症の原因とは

実在しないのに、目の前に蚊(か)が飛んでいるように見える症状をいいます。
原因としては、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)などがあります。
病気でないことが多いのですが、網膜剥離(もうまくはくり)や硝子... 続きを読む

物が見えずらいのは緑内障かも? 早期発見に役立つ自己チェック法

最近、物が見えづらい、目がかすむ、文字の一部が欠けて見える、などといったことはありませんか?
もしあるとすれば、大変!
それは目の病気「緑内障」の、しかも症状が進んでしまっている状態かもしれません。
「リョクナイショウ」などと言われて... 続きを読む