プロクトセディル坐薬の効能・用量・副作用など

プロクトセディル坐薬の基本情報

痔疾用坐薬はすべて複合剤で,配合されている成分も市販のOTC薬(大衆薬)と大差ありません。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 便秘・痔の薬>痔疾用薬剤(坐薬)>ヒドロコルチゾン・フラジオマイシン硫酸塩・ジブカイン塩酸塩・エスクロシド配合剤
形状 坐剤
製造販売会社 味の素
保険薬価 坐剤   1個 27.40円
同じ分類の薬 先発薬: ネリプロクト坐剤  ボラザG坐剤  ポステリザンF坐薬  ロートエキス・タンニン坐剤    ジェネリック薬: ネイサート坐剤 

プロクトセディル坐薬の効果・効能

痔核・裂肛の症状(出血・疼痛・腫れ・かゆみ)の緩解
[ロートエキス・タンニン坐剤のみの適応症]肛門のびらん・炎症
[ポステリザンF坐薬,ヘルミチンS坐剤のみの適応症]肛門部手術創

プロクトセディル坐薬の使用上の注意と副作用

基本的注意

*ポステリザンF坐薬,プロクトセディル坐薬などの添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴(ロートエキス・タンニン坐剤,ヘルミチンS坐剤を除く)
[ネリプロクト坐剤,ポステリザンF坐薬,プロクトセディル坐薬]局所の結核性・化膿性・ウイルス性感染症/局所の真菌症(カンジダ症,白癬など)
[ポステリザンF坐薬]ヒドロコルチゾンに対するアレルギーの前歴
[プロクトセディル坐薬]ストレプトマイシン・カナマイシン・ゲンタマイシン・フラジオマイシンなどのアミノグリコシド系抗生物質,バシトラシン,ヒドロコルチゾン,ジブカイン塩酸塩,エスクロシドに対するアレルギーの前歴
[ネリプロクト坐剤]ジフルコルトロン吉草酸エステル,リドカインに対するアレルギーの前歴
[ボラザG坐剤]トリベノシド,アニリド系局所麻酔剤(リドカインなど)に対するアレルギーの前歴
[ヘルミチンS坐剤]リドカイン,アニリド系局所麻酔薬,アミノ安息香酸エチルに対するアレルギーの前歴/乳幼児
(2)その他……
・妊婦での安全性:[ロートエキス・タンニン坐剤]原則として使用しない。[ヘルミチンS坐剤,ボラザG坐剤]未確立。有益と判断されたときのみ使用。[ネリプロクト坐剤,ポステリザンF坐薬,プロクトセディル坐薬]未確立。原則として大量・長期使用しない。
・小児での安全性:[ネリプロクト坐剤]未確立。[ヘルミチンS坐剤]乳幼児→使用禁止。小児→未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[ポステリザンF坐薬](1)(連用により)眼圧亢進,緑内障,後のう白内障。
[プロクトセディル坐薬](2)(大量または長期使用により)下垂体・副腎皮質系機能の抑制。
[ボラザG坐剤](3)アナフィラキシー様症状(顔面浮腫,じん麻疹,呼吸困難など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

プロクトセディル坐薬に効果効能が似た薬

プロクトセディル坐薬が気になる人向けのコラム

アーティチョーク葉エキス

アーティチョークは菊科の多年草で、「チョウセンアザミ」とも呼ばれます。観賞用としても栽培されますが、ヨーロッパではアーティチョークのつぼみは、定番の野菜のひとつ。日本では気候が合わないため、あまりスーパーには出回っていません。
茹でたり... 続きを読む

花粉症の完治する?「舌下減感作療法」は本当に効果があるのか?

花粉症の人には憂うつなシーズンになりました。気象情報会社の発表では、昨年夏の日照時間が全国的に少なかったことから、北海道以外のエリアでは今シーズンのスギ花粉の飛散量は昨シーズンの半分以下と予想しています。ただし、飛散開始の時期は早まり、東... 続きを読む

白鶴霊芝草

中国の歴代皇帝や権力者だけが使用したとされる秘草“白鶴霊芝草”。近年、その成分が美容はもちろん、アレルギーや生活習慣の乱れによる諸症状に役立つとして注目を集めています。
白鶴霊芝草は、羽ばたく鶴を思わせる白い可憐な花をつける外見と、万能... 続きを読む

目やまぶたの腫れ、ものもらいの対処方法

放置しがちな「ものもらい」の症状とは
たびたび、目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか?大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているというこ... 続きを読む

舌下免疫療法

国民の4人に1人がかかっている花粉症。その画期的な治療法として注目されているのが「舌下免疫療法」です。
これまでの花粉症の治療法といえば、症状をやわらげる対症療法が中心。薬を飲んだり、鼻の粘膜を焼いて症状を抑える方法などがあります。舌... 続きを読む