プロパデルム軟膏の効能・用量・副作用など

プロパデルム軟膏の基本情報

副腎皮質ステロイド外用薬には強い抗炎症作用があり,炎症性の皮膚疾患に幅広く使用されます。炎症を抑える力により,ストロンゲストからウィークの5段階に区分されていますが,強力なものがよいというわけではありません。病状や使用部位に合わせて選択されます。
安易に長期使用すると,皮膚局所ばかりでなく全身的な副作用の恐れもあるので,長期に使い続けるという状況は正常なものではありません。治療が長期にわたる場合は,医師とじっくり相談して納得したうえで使用してください。ウィークからストロングの3段階の薬品は,OTC薬(大衆薬)としても市販されています。
この項では,以下の(3)を掲載しています。
(1)作用が最も強力(strongest)/(2)作用がかなり強力(very strong)/(3)作用が強力(strong)/(4)作用が中程度(medium)/(5)作用が弱い(weak)

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 湿疹・おでき類の薬>副腎皮質ステロイド外用薬(ストロング)>ベクロメタゾンプロピオン酸エステル
形状 軟膏剤
製造販売会社 グラクソ=協和キリン
保険薬価 軟膏剤0.025% 1g 16.70円
同じ分類の薬 先発薬: メサデルム軟膏  メサデルムクリーム  メサデルムローション    ジェネリック薬: ノルコットクリーム  ベクトミラン軟膏 

プロパデルム軟膏の効果・効能

[デキサメタゾンプロピオン酸エステルの適応症]湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症,ビダール苔癬,日光皮膚炎を含む),痒疹群(じん麻疹様苔癬,ストロフルス,固定じん麻疹を含む),虫さされ,薬疹・中毒疹,乾癬,掌蹠(しょうせき)膿疱症,扁平紅色苔癬,紅皮症,慢性円板状エリテマトーデス,紅斑症(多形滲出性紅斑,ダリエ遠心性環状紅斑,遠心性丘疹性紅斑),毛孔性紅色粃糠疹(ひこうしん),特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑,シャンバーク病,紫斑性色素性苔癬様皮膚炎),肥厚性瘢痕(はんこん)・ケロイド,肉芽腫症(サルコイドーシス,環状肉芽腫),悪性リンパ腫(菌状息肉(そくにく)症を含む),アミロイド苔癬,斑状アミロイドージス,天疱瘡(てんぽうそう)群,家族性良性慢性天疱瘡,類天疱瘡,円形脱毛症
[デプロドンプロピオン酸エステルの適応症]湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症,ビダール苔癬,日光皮膚炎,皮脂欠乏性湿疹,脂漏性皮膚炎を含む),薬疹・中毒疹,虫さされ,痒疹群(じん麻疹様苔癬,ストロフルス,結節性痒疹(固定じん麻疹)を含む),乾癬,紅皮症,紅斑症(多形滲出性紅斑,ダリエ遠心性環状紅斑),ジベルばら色粃糠疹,掌蹠膿疱症,特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑,シャンバーグ病),円形脱毛症

プロパデルム軟膏の使用上の注意と副作用

基本的注意

*デキサメタゾンプロピオン酸エステル(メサデルム),デプロドンプロピオン酸エステル(エクラー)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症/鼓膜に穿孔(せんこう)のある湿疹性外耳道炎/潰瘍(ベーチェット病は除く),第2度深在性以上の熱傷・凍傷
[デプロドンプロピオン酸エステルのみ]動物性皮膚疾患(疥癬,けじらみなど)
(2)その他……
・妊婦での安全性:未確立。大量または長期にわたって使用しない。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[すべての製剤](1)(まぶたの皮膚への使用により)眼圧亢進,緑内障。(2)(大量または長期にわたる広範囲の使用,密封法(ODT)により)後のう白内障,緑内障など。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

プロパデルム軟膏が気になる人向けのコラム

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

【医師が回答!】皮がめくれるほどの手荒れ。どうすればいい?

私は二年前から手荒れに悩んでいます。皮膚科では、「スポンジに洗剤を付けて水を足して洗うと荒れちゃうからね」と言われました。飲食店で手が荒れていると不衛生ですよね・・・。パックりと皮がめくれています。 (質問者
aiai_5858さん) ... 続きを読む

日光を避けすぎると不健康? がん予防のための日光浴とビタンミンD

紫外線を浴びることでシミやそばかすになることを恐れ、日光を避けた生活を送っていませんか?
確かに美白のためには紫外線は大敵ですが、日光をあまりに避けすぎると、かえって健康を害するリスクが…。健康のためにも、適度に日光に当たることは必要です。... 続きを読む

パニック障害とうつ病は併発しやすい? 関係性と5つの予防リラックス法

女性の発症率が高いパニック障害。ほかの精神障害との関連も深いこの病気は、重症になると外出ができなくなるなど、生活や仕事の支障になります。パニック障害についてと、その対処法についてまとめました。 心臓の発作と不安感が同時に押し寄せる 芸... 続きを読む

デブ菌までわかる! 郵送で簡単【腸内細菌検査キット】

腸内環境が私たちの体質や病気のなりやすさに関係していることがわかり、熱い注目を集めています。腸内環境は、腸の中に住んでいる何百兆もの腸内細菌の集団=腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)の状態によって左右され、例えば「デブ菌」として話題の... 続きを読む