ベナパスタ軟膏の効能・用量・副作用など

ベナパスタ軟膏の基本情報

抗ヒスタミン薬の塗り薬は副腎皮質ステロイド製剤が使用できない場合などを除けば,かゆみ止めの主役ではありません。広範囲に塗る必要がある場合は副作用の少ない点から使われます。なお,クロタミトンは抗ヒスタミン薬ではなく疥癬治療薬なのですが,現状はかゆみ止めとして適応症が定められています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 湿疹・おでき類の薬>外用抗ヒスタミン薬>ジフェンヒドラミンラウリル硫酸塩
形状 軟膏剤
製造販売会社 田辺三菱
保険薬価 軟膏剤4% 10g 31.90円
同じ分類の薬 先発薬: レスタミンコーワクリーム  オイラックスクリーム  ジフェンヒドラミンクリーム  クロタミトンクリーム   

ベナパスタ軟膏の効果・効能

湿疹,じん麻疹,皮膚掻痒症,小児ストロフルス,虫さされ,神経皮膚炎

ベナパスタ軟膏の使用上の注意と副作用

基本的注意

*クロタミトン(オイラックスクリーム)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)その他……
・妊婦での安全性:未確立。原則として大量・長期使用しない。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ベナパスタ軟膏が気になる人向けのコラム

「瞑想」で夏休みのストレスを解消!-簡単にできる瞑想のやり方

家事の合間や寝る前に、心を落ち着けるプチ瞑想を取り入れて。 健康への効果が科学的にも証明されているメディテーション(瞑想)。毎日の生活の中に取り入れる方法を紹介。 家事には休みがない……女性を襲う“夏休みストレス” 6割以上の主婦が「夫... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

子宮筋腫のツライ症状を緩和する対症療法「薬物療法」「ホルモン療法」

子宮筋腫の完治させることはできませんが、今のツライ症状を緩和したり、筋腫を小さくしたりするのが「対処療法」。主な方法をご紹介します。 症状がひどくなければ
検診で様子を見る 子宮筋腫の対症療法について、広尾メディカルクリニック院長の... 続きを読む

乳がんのリスクが高い人は? 15の危険因子|検診や検査方法

近年、日本での乳がん罹患率は急増し、毎年新しく6万人近い人が乳がんにかかっています。年齢別に見ると、乳がんの罹患率は30歳代後半から増え始めて40歳代に急増し、40歳代後半でピークに達します。続いて、50歳代、60歳代が乳がんにかかりやす... 続きを読む