タクロリムス軟膏の効能・用量・副作用など

タクロリムス軟膏の基本情報

タクロリムス水和物は免疫抑制薬として内服薬・注射剤がすでに発売されていました。軟膏剤は,アトピー性皮膚炎の新しい治療薬として開発されたものです。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 湿疹・おでき類の薬>タクロリムス水和物>タクロリムス水和物
形状 軟膏剤
製造販売会社 ニプロ
保険薬価 軟膏剤0.1% 1g 79.10円
同じ分類の薬 先発薬: プロトピック軟膏  プロトピック軟膏小児用  タリムス点眼液    ジェネリック薬: タクロリムス軟膏 

タクロリムス軟膏の効果・効能

アトピー性皮膚炎

タクロリムス軟膏の使用上の注意と副作用

警告

(1)本剤はアトピー性皮膚炎の治療法に精通している医師のもとで使用してください。
(2)マウス塗布がん原性試験で,リンパ腫の増加が認められています。また,本剤の使用によりリンパ腫,皮膚がんの発現が報告されています。
(3)潰瘍や明らかなびらんに使用する場合は,腎機能障害などの副作用が現れる可能性が高くなります。

基本的注意

*タクロリムス水和物(プロトピック軟膏)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……潰瘍,明らかな局面を形成しているびらん/高度の腎機能障害/高度の高カリウム血症/魚鱗癬(ぎょりんせん)様紅皮症(ネサートン症候群など)/PUVA療法などの紫外線療法中/本剤の成分に対するアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人,低出生体重児・新生児・乳児または2歳未満の幼児
(2)特に慎重に使用すべき場合(原則禁忌,処方医と連絡を絶やさないこと)……皮膚感染症
(3)その他……
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

タクロリムス軟膏が気になる人向けのコラム

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

【スッピン美人皮膚科医の素肌対策に学ぶ】どうすればいい?「肌断食」中のUVケアとメイク

素肌がキレイになると話題の「肌断食」。化粧品を一切肌に塗らないのが原則ですが、UV対策はどうするの? メイクも絶対ダメ? 著書『化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた』(主婦と生活社)で、「肌断食」を推奨している白金ビューティフルエイジ... 続きを読む

【スッピン美人皮膚科医の素肌対策に学ぶ】正しい「肌断食」のやり方

皮膚科医にはスッピン美人が多いという噂、ご存知ですか?「どうせ、特別なケアをしているからでしょ」と思いきや、なんとその真逆。彼女たちが実践しているのは、化粧品を一切使わない「肌断食」というスキンケアなのです。 「肌断食」を始めて10数... 続きを読む

子どものアトピー性皮膚炎を予防-早期ケアと皮膚バリア機能を高めよう

子どもの皮膚病の大半を占めるといわれるアトピー性皮膚炎は、皮膚の乾燥とかゆみを伴う湿疹を特徴とする病気です。ほとんどは乳幼児期に発症し、よくなったり悪くなったりをくり返しながら、成長とともに自然に治っていきます。しかし最近では、大人になっ... 続きを読む

大人のアトピー性皮膚炎-乾燥肌の人は要注意? 気をつけたいスキンケア

アトピー性皮膚炎は、体のあちこちにかゆい湿疹ができる慢性病で、以前は子どものときにできても、成長するにつれて症状が治まる傾向にありました。しかし最近は思春期になっても治まらず、成人後さらに悪化するとか、成人になって突然発症するという例もあ... 続きを読む