次没食子酸ビスマスの効能・用量・副作用など

次没食子酸ビスマスの基本情報

亜鉛華軟膏などは皮膚の収斂・消炎・保護などのために明治時代から使用されている薬品ですが,最初からリント布に塗布された状態の新製剤も開発されています。なお次没食子酸ビスマスは,内服の下痢止めとして用いることもあります。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 湿疹・おでき類の薬>その他の鎮痛・消炎・収斂剤>次没食子酸ビスマス
形状 末剤
製造販売会社 健栄
保険薬価 末剤   1g 13.30円
同じ分類の薬 先発薬: デルマトール  次没食子酸ビスマス原末  亜鉛華  酸化亜鉛    ジェネリック薬: アミノ安息香酸エチル軟膏 

次没食子酸ビスマスの効果・効能

[アミノ安息香酸エチルの適応症]外傷・熱傷・日焼け・皮膚潰瘍・掻痒症・痔疾の鎮痛・鎮痒
[次没食子酸(じもっしょくしさん)ビスマスの適応症]皮膚のびらん・潰瘍・痔疾の保護・収斂・乾燥(内服する場合:下痢症)
[酸化亜鉛・液状フェノール配合剤の適応症]皮膚掻痒症,汗疹,じん麻疹,小児ストロフルス,虫刺され
[酸化亜鉛・カラミン配合剤の適応症]湿疹・皮膚炎・汗疹・第一度のやけど・日焼けの収斂・保護

次没食子酸ビスマスの使用上の注意と副作用

基本的注意

*アミノ安息香酸エチル,次没食子酸ビスマス,酸化亜鉛・液状フェノール配合剤,酸化亜鉛・カラミン配合剤の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……[アミノ安息香酸エチル]本剤の成分に対するアレルギーの前歴
[次没食子酸ビスマス]慢性消化管通過障害,重い消化管潰瘍/出血性大腸炎
[酸化亜鉛・液状フェノール配合剤]びらん・潰瘍・結痂・損傷のある皮膚・粘膜
[酸化亜鉛・カラミン配合剤]重度または広範囲の熱傷/湿潤している患部

副作用の注意
重大な副作用

[次没食子酸ビスマス](1)間代性けいれん,昏迷,錯乱,運動障害などの精神神経系障害(初期症状:不安,不快感,記憶力減退,頭痛,無力感,注意力低下,ふるえなど)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

次没食子酸ビスマスが気になる人向けのコラム

デング熱、蚊アレルギー…かゆいだけではない「虫刺され」にご用心!

昨年流行したデング熱の報道を目にして、「蚊に刺されただけで!?」と驚いた人も多かったはず。今年は昨年のようなデング熱の流行は見られませんでしたが、蚊に刺されたことを要因とする「蚊アレルギー」が、今注目されています。 蚊に刺されは唾液腺... 続きを読む

知っておくと便利な危険な不整脈の見分け方

不整脈とは
まずは、不整脈とはどういうものか確認してみましょう。


心臓は一定のリズムで収縮と拡張(拍動)をくり返し、全身に血液を循環させている。何らかの原因でこの拍動のリズムが乱れた状態を不整脈といい、異常に速くなる頻脈、遅く... 続きを読む

子どもがかかりやすい夏風邪の予防と対処法-腹痛や下痢に注意

「かぜ」というと冬にかかるものというイメージがありませんか?
冬のあいさつ代わりの「かぜをひかないよう気をつけて」も、暖かくなるとほとんど使いませんね。
実際には、かぜは1年を通してみられます。夏にかぜをひくことも珍しくなく、冬にひくか... 続きを読む

梅雨から夏のじめじめをアロマで快適に-鼻づまり解消や虫除けにも

今年は梅雨入りが少し遅れている様子です。この時期は気圧のせいもあり、体がだるかったり、気分も今一つのりません。そんなときこそ、ひと工夫で毎日の生活が変わります。私たちの周りにあるものを使って、ちょっとしたケアを始めましょう。
塩は、人... 続きを読む

冬場に増える低温やけど-痛みを感じなくても重症の場合がある

暖房器具が欠かせない季節、気をつけたいのが「低温やけど」です。使い捨てカイロやこたつ、電気あんか、湯たんぽ、ホットカーペットなど、ふだん危険を感じることなく使っているものが原因になります。
「温かくて快適」と感じる温度でも、長時間、体... 続きを読む