ネグミンシュガー軟膏の効能・用量・副作用など

ネグミンシュガー軟膏の基本情報

褥瘡の治療には壊死組織の除去,肉芽形成,表皮形成の段階があります。一つの薬品で全てに対応できるものはありません。それぞれの段階で最適な手当・薬品を使うことが大切です。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 褥瘡・びらん・潰瘍などの薬>寝ダコ治療薬>精製白糖・ポビドンヨード配合剤
形状 軟膏剤
製造販売会社 マイラン=ファイザー=日医工=ニプロ
保険薬価 軟膏剤   1g 15.10円
同じ分類の薬 先発薬: ソアナース軟膏分包  オルセノン軟膏    ジェネリック薬: ドルミジンパスタ  スクロードパスタ  ポビドリンパスタ軟膏 

ネグミンシュガー軟膏の効果・効能

褥瘡,皮膚潰瘍(熱傷潰瘍,下腿潰瘍)
[トレチノイントコフェリルのみの適応症]糖尿病性潰瘍

ネグミンシュガー軟膏の使用上の注意と副作用

基本的注意

*精製白糖・ポビドンヨード配合剤(ユーパスタコーワ軟膏),トラフェルミン(フィブラストスプレー)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴
[精製白糖・ポビドンヨード配合剤]ヨウ素に対するアレルギーの前歴
[トラフェルミン]使用部位に悪性腫瘍のある人またはその前歴
(2)その他……
・妊婦での安全性:[精製白糖・ポビドンヨード配合剤]原則として長期にわたる広範囲での使用はしない。[トラフェルミン]未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:[精製白糖・ポビドンヨード配合剤]原則として長期にわたる広範囲での使用はしない。
・小児での安全性:[トラフェルミン]未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

[精製白糖・ポピドンヨード複合剤](1)ショック,アナフィラキシー様症状(呼吸困難,不快感,むくみ,潮紅,じん麻疹など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ネグミンシュガー軟膏に効果効能が似た薬

ネグミンシュガー軟膏が気になる人向けのコラム

生活習慣病の予防や改善には、体内時計を整えることが重要 その理由は?

あらゆる細胞に存在しているという「時計遺伝子」のはたらきとは?
体内時計の乱れは生活習慣病の原因になり、老化も促進されてしまいます。時計遺伝子のリズムに合わせて暮らすことが生活習慣病の予防になるといわれています。 自律神経もホルモンも... 続きを読む

糖尿病食ダイエットとは

糖尿病食
糖尿病食ダイエットとは、糖尿病患者向けに用意された食事を取り入れるダイエットです。糖尿病食は、血糖値を急激に上昇させることのないようなメニューなので、ダイエットにも効果があるとされています。カロリー制限が一般的ですが、食材や食... 続きを読む

やせている人は糖尿病にならないは間違い? インスリンの役割とは

肥満は糖尿病の重要な因子だが肥満でなくてもなることはある。 2型糖尿病は遺伝的な体質に様々な環境因子が加わって発症。やせていても加齢や運動不足などでなることも。 インスリンが不足して血糖値が上がるのが糖尿病 糖尿病は尿に糖が出る病気... 続きを読む

若年性アルツハイマーの10の初期症状チェック-有効な治療は?

日本では、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症もしくはその予備群と言われ、高齢者人口の増加に伴って認知症患者も増加しています。今年(2014年)春には、認知症高齢者の徘徊などによる行方不明者の多いことが話題になりました。
認知症は脳の... 続きを読む

糖尿病の早期発見に健康診断が有効‐メタボリック症候群も要注意

2012年の国民健康・栄養調査によると、わが国の糖尿病患者は有病者だけでも約950万人、予備群は約1100万人で、合計約2050万人と推計されます。これは日本人の人口推計値約1億2700万人からすれば、約6人に1人が糖尿病あるいは糖尿病予... 続きを読む