ムコフィリン吸入液の効能・用量・副作用など

ムコフィリン吸入液の基本情報

気道内分泌物のムコ蛋白を分解し,痰の粘度を低下させて排出を楽にします。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 吸入薬>システイン系薬剤>アセチルシステイン
形状 吸入剤
製造販売会社 サンノーバ=エーザイ
保険薬価 吸入剤17.62%2mL 1包 62.90円
同じ分類の薬 ジェネリック薬: サテリット注入・吸入用液  アセチルシステインNa塩注入・吸入用液 

ムコフィリン吸入液の効果・効能

(1)次の疾患の去痰→気管支ぜんそく,慢性気管支炎,気管支拡張症,肺結核,肺気腫,咽頭炎,喉頭炎,肺化膿症,肺炎,のう胞性線維症,術後肺合併症/(2)気管支造影・気管支鏡検査・肺がん細胞診・気管切開術の前後処置

ムコフィリン吸入液の使用上の注意と副作用

基本的注意

*アセチルシステイン(ムコフィリン吸入液)の添付文書による

(1)慎重に使用すべき場合……気管支ぜんそく,呼吸機能不全/高齢者
(2)その他……
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)気管支閉塞,気管支けいれん。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ムコフィリン吸入液が気になる人向けのコラム

肺がんの基礎知識 一次検診と二次検診の主な検査方法|危険因子

年齢別にみた肺がんの罹患率は、40歳代後半から増加し始め、高齢になるほど高くなります。その傾向は男性ほど顕著で、罹患率・死亡率ともに男性は女性の3倍から4倍となっています。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」に... 続きを読む

お腹がポッコリしてきた、それは卵巣のう腫かも? その他の症状は?

卵巣は乳房や子宮と同様に、女性にとって大切な働きをもつ臓器ですが、卵巣が体のどこにあってどんな形で、どんな働きをしているのか、よく知っているという人は少ないのではないでしょうか?

卵巣は骨盤の中にあって、子宮の両側に一つずつ靭帯(じん... 続きを読む

膵臓の悪性腫瘍「膵神経内分泌腫瘍」-6つの自覚症状とは

「膵神経内分泌腫瘍」も「神経内分泌腫瘍」も、いずれもなじみのない言葉かも知れません。
「2011年10月に56歳の若さで亡くなった、元アップル(Apple)社CEOのスティーブ・ジョブズさんの死因は、膵臓がんだったという報道もありました... 続きを読む

イケメンを襲う肺気胸とは

イケメンの病気という噂は本当か
肺気胸はイケメン病とも呼ばれるほど、かっこいい人がなりやすい傾向があるらしいのです。


2007年11月1日、左自然気胸(肺気胸)のため約10日間の安静と通院を診断され加療
佐藤健 (俳優)とは... 続きを読む

愛川欽也さんが肺がんで死去 気をつけたい病気の実態

「キンキン」の愛称でも有名な俳優の愛川欽也さんが肺がんを患って他界されました。80歳でした。つい先日、人気番組「アド街ック天国」の司会を降板したばかりで、健康状態が心配されていました。 昨年冬より体調の不安を訴え、検査いたしましたとこ... 続きを読む