ニコチネルTTSの効能・用量・副作用など

ニコチネルTTSの基本情報

本剤は,ニコチンを皮膚から吸収させることにより,苦しい禁煙時のニコチン離脱状態を和らげる,禁煙達成を補助するための貼り薬です。1990年5月にスイスで発売されて以来,現在までに世界60カ国以上で承認されています。
日本では1999年5月から保険適用できない「自由診療」に限って使用されてきました。しかし2006年4月の診療報酬改定で「ニコチン依存症管理料」が新設され,禁煙治療が保険適用となり,本剤が薬価収載されました。ただし,保険適用となる対象患者や施設は限定されています(基本的注意〈(7)保険給付上の注意〉を参照)。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 経皮吸収型の製剤>禁煙補助剤>ニコチン
形状 貼付剤
製造販売会社 ノバルティス
保険薬価 貼付剤10cmmg) 1枚 353.40円
貼付剤20cmmg) 1枚 372.00円
貼付剤30cmmg) 1枚 398.80円

ニコチネルTTSの効果・効能

循環器疾患,呼吸器疾患,消化器疾患,代謝性疾患などの基礎疾患を持ち,医師により禁煙が必要と判断された禁煙意志の強い喫煙者が,医師の指導のもとに行う禁煙の補助

ニコチネルTTSの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)使用してはいけない場合……非喫煙者/妊婦または妊娠している可能性のある人,授乳婦/不安定狭心症,急性期の心筋梗塞(発症3カ月以内),重篤な不整脈のある人または経皮的冠動脈形成術直後,冠動脈バイパス術直後/脳血管障害回復初期の人/本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に使用すべき場合……心筋梗塞・狭心症(異型狭心症など)の前歴,狭心症で症状の安定している人/高血圧,不整脈,脳血管障害,心不全,末梢血管障害(バージャー病など)/甲状腺機能亢進症,褐色細胞腫/糖尿病(インスリンを使用している)などの内分泌疾患/消化性潰瘍/肝機能障害,腎機能障害/アトピー性皮膚炎,湿疹性皮膚炎などの全身性皮膚疾患/てんかん,またはその前歴/神経筋接合部疾患(重症筋無力症,イートン・ランバート症候群)またはその前歴
(3)基本的注意……禁煙の成功は禁煙指導の質および頻度に依存するので,医師による適切な禁煙指導のもとに禁煙補助の目的で使用してください。また,本剤使用中は喫煙により循環器系などへの影響が増強されることがあるので,喫煙してはいけません。
(4)取扱上の注意……貼り薬であっても幼児が使用すれば重度の中毒症状をおこし,死亡する恐れもあります。幼児には絶対触らせないよう,取扱いおよび破棄には十分注意してください。
(5)使用部位……貼付部位は上腕部,腹部あるいは腰背部のうち1カ所です。皮膚刺激を避けるため毎回貼付部位を変え,繰り返し1カ所に貼りつけないようにします。
(6)長期使用……10週間を超えて継続使用することはできません。
(7)保険給付上の注意……本剤の薬剤料は,「ニコチン依存症管理料」の算定に伴って処方された場合のみ保険が適用になります。また,処方箋による投薬の場合には,備考欄に「ニコチン依存症管理料の算定に伴う処方である」との記載が必要です。保険適用施設についてはいろいろな条件が付随しているので,すべての医療機関で保険が適用になるとは限りません。「禁煙外来のある施設」でネット検索するか,地域の医師会・薬剤師会にお問い合わせください。

副作用の注意
重大な副作用

(1)アナフィラキシー様症状(低血圧,頻脈,呼吸困難,じん麻疹,血管浮腫など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ニコチネルTTSに効果効能が似た薬

ニコチネルTTSが気になる人向けのコラム

辞めたいけど辞められないを卒業するには?三日坊主にならない方法

「やめたい」と思った習慣や行動をすぐにやめることができますか?「朝寝坊をやめて朝活の時間を作ろう」「間食をやめてダイエットしよう」「今年こそは無駄遣いはやめよう」などと目標に掲げる人も多いでしょう。しかし、固く心に誓った目標だったはずが、誘... 続きを読む

【医師が教える】やればやるほど老ける運動・若返る運動

体を動かすのもおっくうだった冬の峠を抜け、「久しぶりに運動でもしてみようかな?」と思っている人も多いのではないでしょうか。 「体はしっかり使って躍動させることで、どんどんと性能がアップしていきます。体を使うことを習慣化している女性は、心... 続きを読む

働く世代の喫煙率は下げ止まり-妊娠中、出産後の喫煙が問題

喫煙が肺がんだけでなく全身のがんのリスクを高め、脳卒中や心筋梗塞をはじめとするさまざまな病気の原因となることは広く知られるようになっています。しかし、喫煙率は一頃より減ってはいるものの、働く世代の男性ではまだまだ喫煙する人の多いことが、国... 続きを読む

DV夫との関係を解決する勇気-カウンセリングを受けたAさんの場合

今回は、なぜ人は神経症になるのかという疑問にお答えします。 重くて深いけれど理解してしまえば、簡単に、しかも神経症にならずにすむかもしれません。「もっと早く知りたかった」と言ってくれることを期待し、独断と偏見と、そして読者の方に愛をこめて... 続きを読む

女性にとって喫煙はこんなに怖い-タバコ顔や妊娠にも影響

1989年、世界保健機関(WHO)が5月31日を世界禁煙デーと定めてから20年近くたっていますが、日本でも最近は公共の場や職場の禁煙化がどんどん進み、今年に入ってからは一部の新幹線では全面禁煙の列車が出ています。名古屋地区では5月からタク... 続きを読む