紫雲膏の効能・用量・副作用など

紫雲膏の基本情報

江戸時代に全身麻酔手術を行った華岡青洲が,明代の医学書「外科正宗」にある「潤肌膏」を改良したものです。保険適応はありませんが,漢方医は褥瘡・角皮症・乾癬などにも応用しています。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の外用薬>紫雲膏(しうんこう)>トウキ・シコン・ゴマ油・豚脂・ミツロウ配合剤
形状 軟膏剤
製造販売会社 丸石
保険薬価 軟膏剤   1g 8.90円
同じ分類の薬 先発薬: 紫雲膏   

紫雲膏の効果・効能

やけど,痔核による疼痛,肛門裂傷

紫雲膏の使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重い熱傷・外傷/化膿性の創傷で高熱のある人/患部の湿潤やただれのひどい人
(2)着色……衣服に付着すると赤紫色に着色し,脱色しにくいので注意してください。
(3)その他……
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

紫雲膏が気になる人向けのコラム

冬場に増える低温やけど-痛みを感じなくても重症の場合がある

暖房器具が欠かせない季節、気をつけたいのが「低温やけど」です。使い捨てカイロやこたつ、電気あんか、湯たんぽ、ホットカーペットなど、ふだん危険を感じることなく使っているものが原因になります。
「温かくて快適」と感じる温度でも、長時間、体... 続きを読む

完治が難しい皮膚病、乾癬-生活の質が落ちるほどつらい症状とは

乾癬にかかると多くの場合、皮膚が赤くなり(紅斑:こうはん)、盛り上がり(浸潤・肥厚:しんじゅん・ひこう)、その表面に銀白色のアカ(鱗屑:りんせつ)が厚く付着して、それがフケのようにぼろぼろとはがれ落ちる(落屑:らくせつ)、といった症状が出... 続きを読む

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

可愛いペットは心を癒してくれる-アニマルセラピーの効果とは

可愛い犬の写真を見ただけで、「なんだか、いやされる」と感じたことはないですか?
動物との触れ合いは、人間にとって、心身両面で大きないやし効果を持っています。それを医療に応用しているのがアニマルセラピー。
アニマルセラピーは、老人介護施... 続きを読む