デスモプレシン点鼻液の効能・用量・副作用など

デスモプレシン点鼻液の基本情報

体内で尿の量を調節をするホルモン(バソプレシン)の類似物質で,バソプレシンの分泌不足から生じる夜尿症・尿崩症の治療に用いられます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 その他の外用薬>デスモプレシン酢酸塩水和物>デスモプレシン酢酸塩水和物
形状 液剤
製造販売会社 協和キリン
保険薬価 液剤250μg 1瓶 7,365.20円
同じ分類の薬 先発薬: デスモプレシン・スプレー2.5  デスモプレシン・スプレー10   

デスモプレシン点鼻液の効果・効能

[デスモプレシン点鼻液,スプレー2.5の適応症]中枢性尿崩症
[デスモプレシン・スプレー10の適応症]尿浸透圧あるいは尿比重の低下に伴う夜尿症

デスモプレシン点鼻液の使用上の注意と副作用

警告

[デスモプレシン・スプレー10]本剤を夜尿症に対して使用した人で重い低ナトリウム血症(水中毒)によるけいれんが報告されているため,水分摂取のしかたには十分に注意する必要があります。

基本的注意

*デスモプレシン酢酸塩水和物(デスモプレシン・スプレー2.5および10)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……[デスモプレシン・スプレー10]低ナトリウム血症
(2)慎重に使用すべき場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/高血圧を伴う循環器疾患,高度動脈硬化症,冠動脈血栓症,狭心症/下垂体前葉不全/アレルギー性鼻炎の前歴/鼻疾患
(3)使用法……本剤は抗利尿作用があるので,使用中は水分摂取量について処方医と十分に相談してください。また,使う前には鼻をかんでください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:未確立。使用するときは授乳を中止。
・小児(6歳未満)での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)重い水中毒(脳浮腫,昏睡,けいれんなど)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

デスモプレシン点鼻液が気になる人向けのコラム

コレルテロールには善玉と悪玉が-動脈硬化を防ぐコツ

「コレステロール」というと、「体によくないもの」「できるだけ少ないほうがいい」といったように、ひとくくりにした超悪役のイメージを持っている人が少なくないかもしれません。しかし実は、コレステロールには体内で代謝の違う、「善玉コレステロール」... 続きを読む

梅雨から夏のじめじめをアロマで快適に-鼻づまり解消や虫除けにも

今年は梅雨入りが少し遅れている様子です。この時期は気圧のせいもあり、体がだるかったり、気分も今一つのりません。そんなときこそ、ひと工夫で毎日の生活が変わります。私たちの周りにあるものを使って、ちょっとしたケアを始めましょう。
塩は、人... 続きを読む

アロマオイルで暑い夏を快適に過ごす-アロマで日焼け・汗対策

夏の休日、よく干されたふとんが縁側に積まれていて、その真ん中をめがけて飛び込んだ子どもの頃を思い出すことがあります。お日さまのにおいはここからの記憶につながっています。ほっとする暖かなにおいが生活に欲しくなるときがあるとすれば、まっ先に干... 続きを読む

筋肉痛・風邪予防・頭痛に効く-ミントのアロマオイルの上手な使い方

ラベンターとともに、北海道で精油生産の歴史をもつハーブのひとつが薄荷(ハッカ)です。開拓時代、入植した屯田兵がハッカを育てたのが北海道におけるハッカの歴史の始まりといわれています。
そのハッカの仲間がペパーミント。シソ科ハッカ属の多年... 続きを読む

食べすぎて太らない4つのコツ-食べ過ぎる理由と甘い物が別腹の訳

暮れからお正月にかけて、忘年会や新年会で飲みすぎ・食べすぎに。体重が増えてしまったという人も少なくないでしょう。そろそろ通常の生活に戻る2月は、ダイエットにとりかかるのに最適な時期といえます。
健康的にダイエットするには、きちんと食べ... 続きを読む