アルケラン静注用の効能・用量・副作用など

アルケラン静注用の基本情報

アルキル化剤の中でも,血液がんの一種である多発性骨髄腫に効く薬で,骨髄腫に伴う貧血症状を改善し,倦怠感・腰痛などの症状を和らげます。また,乳がんや卵巣がんの手術後の再発予防を目的に,補助療法として使われることもあります。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 アルキル化剤>メルファラン>メルファラン
形状 注射用剤
製造販売会社 グラクソ
保険薬価 注射用剤50mg 1瓶 10,243.00円
同じ分類の薬 先発薬: アルケラン   

アルケラン静注用の効果・効能

白血病,悪性リンパ腫,多発性骨髄腫,小児固形腫瘍における造血幹細胞移植時の前処置

アルケラン静注用の使用上の注意と副作用

警告

(1)本剤は強い骨髄機能抑制作用を持つ薬剤で,本剤を前処置剤として用いた造血幹細胞移植の後,感染症をおこして死亡した例が認められています。
(2)本剤は,緊急時に十分に措置できる医療施設で,造血幹細胞移植に十分な知識と経験を持つ医師に,本剤の有効性・危険性を十分に聞き・たずね,同意してから受けなければなりません。

基本的注意

(1)使用してはいけない場合……重い感染症の合併/本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に使用すべき場合……腎機能障害/肝機能障害/心機能障害(特にアントラサイクリン系薬剤など心毒性を持つ薬剤による前治療歴)/感染症の合併/高齢者
(3)定期検査……本剤の使用中は,定期的に血液,肝機能,腎機能などの検査,尿量のチェック,感染症予防のための処置(抗感染症薬など)を受ける必要があります。
(4)尿量の増加……本剤の使用に際しては,水分を十分にとって尿量の増加をはかってください。
(5)無月経,不妊症……(1)女性が使用すると,卵巣機能抑制により一時的または永久的な無月経・不妊症に陥る可能性が高いとの報告があります。(2)男性でも,一時的または永久的な不妊症をおこす可能性があります。
(6)二次発がん……アルキル化剤(メルファランを含む)の使用で,急性白血病が発生したとの報告があります。
(7)染色体異常……染色体異常がみられたとの報告があります。
(8)小児……成長障害などがおこる可能性があります。
(9)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ使用。
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。
・低出生体重児,新生児,乳児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)感染症,出血。(2)ショック,アナフィラキシー様症状,心停止。(3)悪心・嘔吐,下痢,口内炎,粘膜炎,直腸潰瘍。(4)肝機能障害,黄疸。急激な体重増加や有痛性の肝腫大などを伴う肝中心静脈閉塞(症)。(5)心筋症,不整脈。(6)肺線維症,間質性肺炎。(7)溶血性貧血。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

アルケラン静注用に効果効能が似た薬

アルケラン静注用が気になる人向けのコラム

衝撃 アザで発覚する白血病の恐怖

そもそも白血病とは

血液のがんの一つ。かつては不治の病と言われたが、治療法の進歩によりタイプによっては完治が期待できるようになった。血液中の赤血球、白血球、血小板などの血液細胞のもとになる細胞を造血幹細胞と言う。造血幹細胞は一定の決... 続きを読む

死因でよく聞く悪性リンパ腫とは

悪性リンパ腫とは
悪性リンパ腫とは、いわゆる悪性腫瘍、つまりがんの一種です。人間の体には、血液と同じようにリンパ液と呼ばれる液体が流れています。この液体の流れの束をリンパ管、さらに膨らみのある部分をリンパ節と呼び、体を流れる一連の循環を... 続きを読む

白血病の基礎知識 病気の特徴と症状|主な検査方法

白血病は血液のがんの一つです。かつては「死に至る病」ともいわれましたが、診断法や治療法が進歩して治癒率もかなり上がり、現在では完治が期待できる病気の一つになっています。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」による... 続きを読む

子宮頸がんより死亡数が多い卵巣がん-リスク低下には睡眠が大事

卵巣がんは、かつては欧米の女性に多いがんでしたが、近年は日本でも増加傾向にあります。乳がんや子宮がんほどには話題になることが少ない卵巣がんですが、1年間の罹患数は約9,900人、死亡数は約4,700人と推計されています(国立がん研究センタ... 続きを読む

お腹がポッコリしてきた、それは卵巣のう腫かも? その他の症状は?

卵巣は乳房や子宮と同様に、女性にとって大切な働きをもつ臓器ですが、卵巣が体のどこにあってどんな形で、どんな働きをしているのか、よく知っているという人は少ないのではないでしょうか?

卵巣は骨盤の中にあって、子宮の両側に一つずつ靭帯(じん... 続きを読む