注射用サイメリンの効能・用量・副作用など

注射用サイメリンの基本情報

多発性骨髄腫や慢性骨髄性白血病,悪性リンパ腫などの多剤併用療法に用いられています。アルキル化剤の中でもニトロソ尿素系の薬は血液脳関門を通過しやすいため,脳腫瘍の治療にも用いられます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 アルキル化剤>ラニムスチン>ラニムスチン
形状 注射用剤
製造販売会社 田辺三菱
保険薬価 注射用剤50mg 1瓶 12,132.00円
注射用剤100mg 1瓶 24,066.00円

注射用サイメリンの効果・効能

膠芽腫,骨髄腫,悪性リンパ腫,慢性骨髄性白血病,真性多血症,本態性血小板増多症

注射用サイメリンの使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)慎重に使用すべき場合……骨髄機能抑制/肝機能障害/腎機能障害/感染症の合併
(2)二次発がん……本剤の使用により,骨髄異形成症候群(MDS),急性白血病,骨髄線維症,慢性骨髄性白血病をおこすことがあります。
(3)感染症,出血傾向……使用によって,感染症,出血傾向の発現または悪化がおこりやすくなるので,状態に十分注意してください。
(4)性腺への影響……小児および生殖可能な年齢の人が使用すると,性腺に影響がでることがあります。処方医とよく相談してください。
(5)頻回に検査……骨髄機能抑制などの重い副作用がおこることがあるので,頻回に血液,肝機能,腎機能などの検査を受ける必要があります。
(6)その他……
・妊婦での安全性:原則として使用しない。
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)白血球減少,血小板減少,貧血,汎血球減少,出血傾向などの骨髄機能抑制がおこることがあります。(2)間質性肺炎がおこることがあります。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

注射用サイメリンに効果効能が似た薬

注射用サイメリンが気になる人向けのコラム

死因でよく聞く悪性リンパ腫とは

悪性リンパ腫とは
悪性リンパ腫とは、いわゆる悪性腫瘍、つまりがんの一種です。人間の体には、血液と同じようにリンパ液と呼ばれる液体が流れています。この液体の流れの束をリンパ管、さらに膨らみのある部分をリンパ節と呼び、体を流れる一連の循環を... 続きを読む

白血病の基礎知識 病気の特徴と症状|主な検査方法

白血病は血液のがんの一つです。かつては「死に至る病」ともいわれましたが、診断法や治療法が進歩して治癒率もかなり上がり、現在では完治が期待できる病気の一つになっています。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」による... 続きを読む

血液サラサラ度を10個の質問でチェック!改善のポイントは?

血液のサラサラ度は、日々の生活と密接なかかわりがあります。まず、下に掲げた「あなたの血液サラサラ度チェック」表に答えて、あなたの血液のサラサラ度を調べてみましよう。
ただ、血液のサラサラ度、ドロドロ度は、通常の血液検査ではわかりません... 続きを読む

血液をサラサラにするには?-ドロドロ血液は動脈硬化を招く

体内の血管をすべてつなぎ合わせると約9万km、地球2周半分の長さになるといわれます。そして、その血管の99%は直径7マイクロメートルほどの毛細血管です。
これらの細い血管をスムーズに血液が通り抜けるためには、血球が柔軟に形を変え、かつ... 続きを読む

軽いケガなら消毒やガーゼはいらない? ケガの治療の新常識

「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?
ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥さ... 続きを読む