注射用メソトレキセートの効能・用量・副作用など

注射用メソトレキセートの基本情報

がん細胞が増殖するには葉酸という代謝物質が必要です。この薬は葉酸の働きを阻害し,その結果,がん細胞を押さえつける働きをもっています。1940年代に白血病の治療薬として開発されました。後にその免疫抑制作用が注目され,リウマチの治療(内服薬)にも使われるようになりました。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 代謝拮抗薬>メトトレキサート>メトトレキサート
形状 注射用剤
製造販売会社 ファイザー
保険薬価 注射用剤5mg 1瓶 860.00円
注射用剤50mg 1瓶 2,848.00円
同じ分類の薬 先発薬: リウマトレックス  メソトレキセート  メソトレキセート点滴静注液    ジェネリック薬: メトレート  メトトレキサート 

注射用メソトレキセートの効果・効能

メトトレキサート・ロイコボリン救援療法→肉腫(骨肉腫,軟部肉腫など),急性白血病の中枢神経系および睾丸への浸潤に対する寛解,悪性リンパ腫の中枢神経系への浸潤に対する寛解
[注射用メソトレキセートのみの適応症](1)メトトレキサート通常療法→急性白血病・慢性リンパ性白血病・慢性骨髄性白血病・絨毛性疾患(絨毛がん,破壊胞状奇胎,胞状奇胎)の自覚的・他覚的症状の緩解/(2)CMF療法→乳がん/(3)メトトレキサート・フルオロウラシルフルオロウラシル交代療法→胃がんに対するフルオロウラシルの抗腫瘍効果の増強/(4)M-VAC療法→尿路上皮がん

注射用メソトレキセートの使用上の注意と副作用

警告

 メトトレキサート・ロイコボリン救援療法およびメトトレキサート・フルオロウラシル交代療法は高度の危険性を伴うので,療法中・療法後の一定期間は医師の監督下で状態を観察しなければなりません。また,M-VAC療法は毒性を持つ薬剤の併用療法です。これらは,緊急時に十分に措置できる医療施設で,がん化学療法に十分な知識と経験を持つ医師に,本剤の有効性・危険性を十分に聞き・たずね,同意してから受けなければなりません。

基本的注意

*メソトレキセート(メソトレキセート点滴静注液)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分に対する重いアレルギーの前歴/肝機能障害/腎機能障害/胸水・腹水などのある人
(2)慎重に使用すべき場合……骨髄機能抑制/感染症の合併/水痘
(3)頻回に検査……骨髄機能抑制,肝機能・腎機能障害などの重い副作用がおこることがあるので,頻回に血液,尿,肝機能,腎機能などの検査を受ける必要があります。
(4)水分の補給……メトトレキサート・ロイコボリン救援療法では,尿が酸性側に傾くとメトトレキサートの結晶が尿細管に沈着するおそれがあるので,尿のアルカリ化と同時に十分に水分を補給し,メトトレキサートの尿への排泄を促すことが大切です。利尿薬の選択にあたっては,尿を酸性化する薬剤(例えばフロセミド,チアジド系利尿薬など)は使いません。
(5)放射線療法との併用……本剤と放射線療法を併用すると,軟部組織壊死,骨壊死の発現頻度が高まるとの報告があります。併用治療後も状態に注意し,異常がみられたら,すぐに処方医へ連絡してください。
(6)二次発がん……本剤を長期使用した人,本剤と他の抗がん薬を併用した人に,悪性リンパ腫,急性白血病,骨髄異形成症候群(MDS)など発生したとの報告があります。
(7)水痘……水痘(水ぼうそう)の人が使用すると,致命的な全身障害が現れることがあるので,状態に十分注意してください。
(8)感染症,出血傾向……使用によって,感染症,出血傾向の発現または悪化がおこりやすくなるので,状態に十分注意してください。
(9)性腺への影響……小児および生殖可能な年齢の人が使用すると,性腺に影響がでることがあります。処方医とよく相談してください。
(10)その他……
・妊婦での安全性:原則として使用しない。
・授乳婦での安全性:原則として使用しない。
・低出生体重児,新生児,乳児(1歳未満)での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)ショック,アナフィラキシー様症状(冷感,呼吸困難,血圧低下など)。(2)汎血球減少,無顆粒球症(前駆症状として発熱,咽頭痛,インフルエンザ様症状などが現れる場合がある),白血球減少,血小板減少,貧血などの骨髄機能抑制。(3)呼吸不全にいたるような肺炎(ニューモシスティス肺炎などを含む),敗血症,サイトメガロウイルス感染症,帯状疱疹などの重い感染症(日和見(ひよりみ)感染症を含む)。(4)劇症肝炎,肝不全,肝組織の壊死・線維化・硬変。(5)急性腎不全,尿細管壊死,重症ネフロパチー。(6)間質性肺炎,肺線維症,胸水(発熱,せき,呼吸困難など)。(7)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。(8)出血性腸炎,壊死性腸炎(激しい腹痛・下痢)。(9)膵炎。(10)骨粗鬆症(こつそしょうしょう)。(11)けいれん,失語,脳症,認知症,麻痺,ギランバレー症候群,昏睡。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

注射用メソトレキセート - PC

PCX  説明(別ウィンドウ表示)

注射用メソトレキセートに効果効能が似た薬

注射用メソトレキセートが気になる人向けのコラム

死因でよく聞く悪性リンパ腫とは

悪性リンパ腫とは
悪性リンパ腫とは、いわゆる悪性腫瘍、つまりがんの一種です。人間の体には、血液と同じようにリンパ液と呼ばれる液体が流れています。この液体の流れの束をリンパ管、さらに膨らみのある部分をリンパ節と呼び、体を流れる一連の循環を... 続きを読む

妊娠検査薬の上手な使い方-妊娠してても陰性の結果が出ることも

そろそろ月経が来るはずなのに来ないときには、どんな可能性があるのでしょうか?
卵巣の働きの一時的な不調、過度のダイエット、ストレスなどが原因で起こるホルモン分泌の異常などで月経が遅れることもありますが、性交経験があれば、たとえ避妊していて... 続きを読む

若い女性に増えてきた多発性硬化症とは-正しい診断と治療法

多発性硬化症(MS:Multiple
Sclerosis)という病気をご存じでしょうか。原因不明で、脳や脊髄の神経系が障害を受け、体のさまざまな部位に影響を及ぼし、しだいに症状が進行する慢性の病気です。
20歳から40歳ごろの若い世代... 続きを読む

体を活性化して美容にもいい 7つの食品成分とその嬉しい効能

呼吸によって体内に取り込まれる酸素のうち数パーセントは、体内の細胞を酸化し、サビつかせる有害な活性酸素に変化します。この活性酸素は、疲労や老化を促進し、生活習慣病をまねきます。また、活性酸素の害は、皮膚や内臓、血管などあらゆる細胞におよび... 続きを読む

脳腫瘍の基礎知識 早期に現れる9つの症状 腫瘍部位別症状

頭蓋骨内にできた腫瘍を総称して「脳腫瘍」といいます。頭蓋骨内の組織そのものから発生した「原発性脳腫瘍」と、ほかの臓器・部位にできたがんが転移した「転移性(続発性)脳腫瘍」に大別されます。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最... 続きを読む