ゲムシタビン点滴静注用の効能・用量・副作用など

ゲムシタビン点滴静注用の基本情報

1983年にアメリカで合成された抗がん薬です。DNA合成を阻害することで抗がん作用を発揮します。わが国では1999年に「非小細胞肺がん」の適応で発売され,その後適応症が追加されています。

処方薬/市販薬 処方薬/ジェネリック
分類 代謝拮抗薬>ゲムシタビン塩酸塩>ゲムシタビン塩酸塩
形状 注射用剤
製造販売会社 大正薬品=テバ製薬
保険薬価 注射用剤200mg 1瓶 1,825.00円
注射用剤1g 1瓶 7,349.00円
同じ分類の薬 先発薬: ジェムザール注射用    ジェネリック薬: ゲムシタビン点滴静注用  ゲムシタビン点滴静注液 

ゲムシタビン点滴静注用の効果・効能

非小細胞肺がん,膵がん,胆道がん,尿路上皮がん,手術不能または再発乳がん,がん化学療法後に増悪した卵巣がん,再発または難治性の悪性リンパ腫

ゲムシタビン点滴静注用の使用上の注意と副作用

警告

(1)本剤は,週に1回,30分間の点滴静注で使用すべき薬剤です。外国の臨床試験で,週2回以上あるいは1回の点滴を60分以上かけて行うと,副作用が増強した例が報告されています。
(2)高度な骨髄機能抑制のある人は使用してはいけません。感染症や出血をおこし,重症化する可能性があり,死亡例が報告されています。
(3)胸部単純X線写真で,明らか,かつ症状のある間質性肺炎・肺線維症のある人は使用してはいけません。死亡例が報告されています。
(4)放射線増感作用を期待する胸部への放射線療法との同時併用を行ってはいけません。外国での臨床試験で,本剤と胸部への根治的放射線療法との併用によって重い食道炎,肺臓炎がおこり,死亡例が報告されています。
(5)本剤の使用に際しては,緊急時に十分に措置できる医療施設で,がん化学療法に十分な知識と経験を持つ医師に,本剤の有効性・危険性を十分に聞き・たずね,同意してから受けなければなりません。

基本的注意

*ゲムシタビン塩酸塩(ジェムザール注射用)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……高度な骨髄機能抑制/胸部単純X線写真で明らか,かつ症状のある間質性肺炎・肺線維症/胸部への放射線療法の施行中/重症感染症の合併/本剤の成分に対する重いアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に使用すべき場合……骨髄機能抑制/間質性肺炎・肺線維症の前歴または合併症のある人/肝機能障害/腎機能障害/心筋梗塞の前歴/高齢者
(3)定期検査……骨髄機能抑制,間質性肺炎などの重い副作用がおこることがあり,死亡例も報告されているので,使用中は頻回に血液,肝機能,腎機能,胸部X線などの検査を受ける必要があります。
(4)生殖器への影響……動物実験(マウス,ウサギ)で,生殖毒性(先天性異常,胚胎発育・妊娠経過・周産期発育・生後発育に対する影響など)が報告されています。生殖可能な年齢の人が使用すると生殖器に影響でることがあるので,処方医とよく相談してください。
(5)危険作業は中止……本剤を使用すると,傾眠などが現れるおそれがあります。このような症状が発現しないことが確認されるまで,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(6)その他……
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)白血球減少,好中球減少,貧血,血小板減少,赤血球減少などの骨髄機能抑制。(2)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。(3)アナフィラキシー(呼吸困難,血圧低下,発疹など)。(4)心筋梗塞,うっ血性心不全。(5)肺水腫,気管支けいれん,成人呼吸促迫症候群。(6)腎不全,溶血性尿毒症症候群。(7)重い皮膚障害。(8)重い肝機能障害,黄疸。(9)白質脳症(可逆性後白質脳症症候群を含む:高血圧,けいれん,頭痛,視覚異常,意識障害など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ゲムシタビン点滴静注用が気になる人向けのコラム

死因でよく聞く悪性リンパ腫とは

悪性リンパ腫とは
悪性リンパ腫とは、いわゆる悪性腫瘍、つまりがんの一種です。人間の体には、血液と同じようにリンパ液と呼ばれる液体が流れています。この液体の流れの束をリンパ管、さらに膨らみのある部分をリンパ節と呼び、体を流れる一連の循環を... 続きを読む

愛川欽也さんが肺がんで死去 気をつけたい病気の実態

「キンキン」の愛称でも有名な俳優の愛川欽也さんが肺がんを患って他界されました。80歳でした。つい先日、人気番組「アド街ック天国」の司会を降板したばかりで、健康状態が心配されていました。 昨年冬より体調の不安を訴え、検査いたしましたとこ... 続きを読む

子宮頸がんより死亡数が多い卵巣がん-リスク低下には睡眠が大事

卵巣がんは、かつては欧米の女性に多いがんでしたが、近年は日本でも増加傾向にあります。乳がんや子宮がんほどには話題になることが少ない卵巣がんですが、1年間の罹患数は約9,900人、死亡数は約4,700人と推計されています(国立がん研究センタ... 続きを読む

がん治療にかかる費用ってどのくらい?

がん治療も公的医療保険の範囲内
がんの治療においても、その多くが公的医療保険の適用範囲内で、自己負担額を大きく減らすことができます。しかし、一部の先進医療については公的医療保険の適用外となっており、その医療法を選択した場合には多額の自己... 続きを読む

遺伝性乳がん・卵巣がんにかかる可能性が高い人とは?

日本で乳がんにかかる人は年々増加を続け、現在1年間に約6万人が新たに乳がんと診断されています。また、日本人女性において一生のうちに乳がんにかかる確率は、現時点で15人に1人と言われています。乳がんで亡くなる人も長年増加傾向にありましたが、... 続きを読む