ラステット注の効能・用量・副作用など

ラステット注の基本情報

ポドフィロトキシンの誘導体で,イギリス・ドイツ・オランダなどでも発売されています。
イギリスの医薬品集『マーティンデール』にも掲載されていますが,100mg5mL1アンプルの日本での先発品の薬価は5,390円,後発品でも3,521円なのに対して,イギリスの『BNF』に示された価格は,12.15ポンド(約2,060円)ほどです。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 植物・動物由来製剤>エトポシド>エトポシド
形状 注射用剤
製造販売会社 日本化薬
保険薬価 注射用剤100mg5mL 1瓶 5,390.00円
同じ分類の薬 先発薬: ラステットS  ベプシド注  ベプシド    ジェネリック薬: エトポシド点滴静注液  エトポシド点滴静注 

ラステット注の効果・効能

(1)肺小細胞がん,悪性リンパ腫,急性白血病,睾丸腫瘍,膀胱がん,絨毛(じゅうもう)性疾患,胚細胞腫瘍(精巣腫瘍,卵巣腫瘍,性腺外腫瘍)/(2)次のがんに対する他の抗がん薬との併用療法→小児悪性固形腫瘍(ユーイング肉腫ファミリー腫瘍,横紋筋(おうもんきん)肉腫,神経芽腫,網膜芽腫,肝芽腫・その他肝原発悪性腫瘍,腎芽腫・その他腎原発悪性腫瘍など)

ラステット注の使用上の注意と副作用

警告

(1)本剤を含むがん化学療法は,緊急時に十分に措置できる医療施設で,がん化学療法に十分な知識と経験を持つ医師に,本剤の有効性・危険性を十分に聞き・たずね,同意してから受けなければなりません。
(2)本剤を含む小児悪性固形腫瘍に対するがん化学療法は,小児のがん化学療法に十分な知識・経験を持つ医師のもとで受けなければなりません。

基本的注意

*エトポシド(ベプシド注)の添付文書による

(1)使用してはいけない場合……重い骨髄機能抑制/本剤の成分に対する重いアレルギーの前歴/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に使用すべき場合……骨髄機能抑制/肝機能障害/腎機能障害/感染症の合併/水痘/本剤の長期使用中/小児,高齢者
(3)休薬……(1)本剤による化学療法を繰り返す場合は,副作用からの十分な回復を考慮し,少なくとも3週間は休薬する必要があります。(2)胚細胞腫瘍に対する標準的で確立された他の抗がん薬との併用療法では,16日間の休薬が必要です。
(4)肝中心静脈閉塞症……本剤と他の抗がん薬または放射線照射との併用で,肝中心静脈閉塞症(VOD)が発症したとの報告があります。
(5)水痘……水痘(水ぼうそう)の人が使用すると,致命的な全身障害が現れることがあるので,状態に十分注意してください。
(6)感染症,出血傾向……使用によって,感染症,出血傾向の発現または悪化がおこりやすくなるので,状態に十分注意してください。
(7)性腺への影響……小児および生殖可能な年齢の人が使用すると,性腺に影響がでることがあります。処方医とよく相談してください。
(8)頻回に検査……骨髄機能抑制などの重い副作用がおこることがあるので,頻回に血液,肝機能,腎機能などの検査を受ける必要があります。
(9)二次発がん……本剤と他の抗がん薬の併用により,急性白血病(前白血病相を伴う場合もある),骨髄異形成症候群(MDS)が発生したとの報告があります。
(10)その他……
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)骨髄機能抑制(白血球減少,血小板減少,貧血,出血傾向,汎血球減少など)。(2)ショック,アナフィラキシー様症状(チアノーゼ,呼吸困難,胸内苦悶,血圧低下など)。(3)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ラステット注 - PC

PCD  説明(別ウィンドウ表示)

ラステット注が気になる人向けのコラム

死因でよく聞く悪性リンパ腫とは

悪性リンパ腫とは
悪性リンパ腫とは、いわゆる悪性腫瘍、つまりがんの一種です。人間の体には、血液と同じようにリンパ液と呼ばれる液体が流れています。この液体の流れの束をリンパ管、さらに膨らみのある部分をリンパ節と呼び、体を流れる一連の循環を... 続きを読む

お腹がポッコリしてきた、それは卵巣のう腫かも? その他の症状は?

卵巣は乳房や子宮と同様に、女性にとって大切な働きをもつ臓器ですが、卵巣が体のどこにあってどんな形で、どんな働きをしているのか、よく知っているという人は少ないのではないでしょうか?

卵巣は骨盤の中にあって、子宮の両側に一つずつ靭帯(じん... 続きを読む

悪性のめまいを見分ける方法とその予防法

脳の血行不良からめまいが起こる
耳石器や三半規管が原因の耳からくるめまいでなく、脳の血流が悪くなり血管がつまり、めまいを起こします。耳は脳幹や小脳から情報を受け取る命令を出しています。脳に影響が出て耳が情報を受け取るバランスが保てなくな... 続きを読む

膀胱がんの基礎知識 病気の特徴と進行の仕方|主な検査方法

膀胱は、腎臓で作られた尿が腎盂(じんう)から尿管を通じて運ばれ、一時的にためておかれる臓器です。内側を移行上皮細胞という伸縮性のある粘膜でおおわれた袋で、尿がたまってこの袋が伸びると尿意を感じます。排尿すると、膀胱は尿を押し出しながらまた... 続きを読む

正常な細胞が子宮頸がんになるまで-HPV感染から異形成まで

「子宮頸がん」はウイルスによる感染が原因で起こるがんです。細胞ががんに変わるまでには、長い時間がかかります。正常な細胞が子宮頸がんになるまでの過程を自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授の今野良先生に解説してもらいました。 ... 続きを読む