ウロミテキサン注の効能・用量・副作用など

ウロミテキサン注の基本情報

抗がん薬のシクロホスファミドやイホスファミドの投与に伴う,出血性膀胱炎や排尿障害などの泌尿器系障害を抑える薬剤です。上記の抗がん薬が代謝されるときに生産される有害物質と結合することにより,泌尿器系障害を抑えます。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 がんに使われるその他の薬剤>メスナ>メスナ
形状 注射用剤
製造販売会社 塩野義
保険薬価 注射用剤100mg1mL 1管 426.00円
注射用剤400mg4mL 1管 999.00円

ウロミテキサン注の効果・効能

シクロホスファミド水和物シクロホスファミド水和物(造血幹細胞移植の前治療)投与またはイホスファミドイホスファミド投与に伴う泌尿器系障害(出血性膀胱炎,排尿障害など)の発現抑制

ウロミテキサン注の使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)使用してはいけない場合……本剤の成分または他のチオール系薬剤に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に使用すべき場合……高齢者
(3)その他……
・妊婦での安全性:原則として使用しない。
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

ウロミテキサン注が気になる人向けのコラム

善玉HDLコレステロールは多いほうが良い-増やすポイントは?

特定健康診査における脂質の基準値は、LDLコレステロール(LDL-C)120mg/dl未満、HDLコレステロール(HDL-C)40mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド;TG)150mg/dl未満です。こうした基準値は通常、大きい値のほ... 続きを読む

動脈硬化の進み具合がわかるLH比-運動と食事でコレステロール対策

「寝たきりや認知症になることなく、健康で自立して暮らすことができる期間」を意味する健康寿命は、平均寿命よりも約6~7年半短くなっているのが現状です。
この差をもたらしている大きな原因が動脈硬化です。動脈硬化とは、動脈の血管壁が硬く厚く... 続きを読む

膀胱炎は予防できるのか

膀胱炎の原因のほとんどは大腸菌だった
膀胱炎と聞くと、内部の炎症のような感じも受けますが、実は意外にもほとんどの場合は大腸菌が原因で起こります。


一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。
膀胱炎のほとんどは、尿道... 続きを読む

女性の排尿トラブルは骨盤底筋群が原因? 恥ずかしくても早めの受診を


排尿トラブルなどの泌尿器にかかわるトラブルや病気は年とともに増えてきますが、女性の場合、尿道の構造や、妊娠・出産などが原因で起こる排尿トラブルなどが若いうちからみられます。
この泌尿器のトラブルを診てくれるのは泌尿器科ですが、泌尿器... 続きを読む

過活動膀胱(OAB)ってなに? 「トイレが近い」「我慢できない!」

「最近、トイレが近いなあ……」ふと、そう感じることはないですか?
「トイレが近い(頻尿)」「尿意を感じたとたん、我慢できなくなる(尿意の切迫感)」など、排尿に関するトラブルを抱えている人は、ずいぶん多くみられます。
しかし、人前で口にす... 続きを読む