メタストロン注の効能・用量・副作用など

メタストロン注の基本情報

骨転移の疼痛に対して,他の治療法で疼痛コントロールが不十分な場合に用いる薬剤です。

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 がんに使われるその他の薬剤>塩化ストロンチウム>塩化ストロンチウム(⁸⁹Sr)
形状 注射用剤
製造販売会社 メジフィジックス=日本化薬
保険薬価 注射用剤10MBq    23,327.00円

メタストロン注の効果・効能

固形がん患者の骨シンチグラフィで陽性像を呈する骨転移部位の疼痛緩和

メタストロン注の使用上の注意と副作用

警告

(1)本剤は,緊急時に十分に措置できる医療施設で,がん化学療法に十分な経験を持つ医師のもとで,適切と判断される人にのみ使用されるべき薬剤です。また,医師よりその有効性・危険性の十分な説明を受け,患者本人(もしくは家族)が納得・同意できなければ治療に入っていくべきではありません。
(2)本剤による骨髄抑制が原因と考えられる死亡例が報告されています。

基本的注意

(1)使用してはいけない場合……重い骨髄抑制がある人/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に使用すべき場合……骨髄抑制のある人/感染症の合併/腎機能障害/高齢者
(3)定期検査……骨髄抑制が現れることがあるので,定期的に血液検査を受ける必要があります。
(4)その他……
・授乳婦での安全性:使用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。「薬の知識」共通事項のみかた

副作用の注意
重大な副作用

(1)骨髄抑制。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

メタストロン注が気になる人向けのコラム

膀胱がんの基礎知識 病気の特徴と進行の仕方|主な検査方法

膀胱は、腎臓で作られた尿が腎盂(じんう)から尿管を通じて運ばれ、一時的にためておかれる臓器です。内側を移行上皮細胞という伸縮性のある粘膜でおおわれた袋で、尿がたまってこの袋が伸びると尿意を感じます。排尿すると、膀胱は尿を押し出しながらまた... 続きを読む

がん患者数No.2の“大腸がん”を徹底追及

男女ともに増えているがん"大腸がん”
日本でかかる人が増えているがんは、「大腸がん」です。食生活が欧米化し、脂肪や蛋白の摂りすぎ、食物繊維の不足などが原因と考えられています。


日本人では、1万5000〜1万7000人に1人発症... 続きを読む

がん治療にかかる費用ってどのくらい?

がん治療も公的医療保険の範囲内
がんの治療においても、その多くが公的医療保険の適用範囲内で、自己負担額を大きく減らすことができます。しかし、一部の先進医療については公的医療保険の適用外となっており、その医療法を選択した場合には多額の自己... 続きを読む

高齢になると女性は骨粗しょう症になりやすい-今からできる予防策

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが減ることで骨がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことでも骨折しやすくなる病気です。圧倒的に女性に多いのが特徴で、女性は閉経を機に急増、高齢になるにしたがって増えていきます。初期には自覚症状がなく、骨... 続きを読む

私に払えるの? 知っておきたい【女性のがん】にかかるお金

有名人のがん告白などの報道に触れると、「もしも私ががんにかかったら……」と不安になりますね。「手術の費用は何百万?」「治療が長く続いたら?」「働けなくなって収入がなくなったらどうするの?」等々、お金の悩みも尽きません。 そこで、実際にが... 続きを読む