猪苓湯の効能・用量・副作用など

  /  

猪苓湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 処方薬/先発品
分類 漢40>猪苓湯,猪苓湯合四物湯>猪苓湯
形状 顆粒剤
製造販売会社 オースギ
保険薬価 顆粒剤   1g 12.90円
同じ分類の薬 先発薬: 猪苓湯  猪苓湯合四物湯   

猪苓湯の効果・効能

●のどの渇き,排尿困難,排尿痛,尿量減少,血尿のある人の次の諸症→尿道炎,腎炎,腎石症,ネフローゼ,膀胱カタル,腎臓・膀胱結石など

猪苓湯の使用上の注意と副作用

基本的注意

(1)[猪苓湯合四物湯]次の人は慎重に服用します。(1)著しく胃腸の虚弱な人,(2)食欲不振,悪心,嘔吐のある人
(2)妊婦での安全性は未確立です。有益と判断されたときのみ服用します。

副作用の注意
重大な副作用

重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

猪苓湯が気になる人向けのコラム

尿路結石は若い女性にもできる!? 予防になる食事と生活習慣

尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱(ぼうこう)に運ばれます。そして一定量の尿が膀胱にためられ、膀胱から尿道を通って排出されます。この腎臓、尿管、膀胱、尿道など、尿の通り道を尿路といい、尿路のどこかに石ができる病気が尿路結石です。症状は激痛... 続きを読む

膀胱がんの基礎知識 病気の特徴と進行の仕方|主な検査方法

膀胱は、腎臓で作られた尿が腎盂(じんう)から尿管を通じて運ばれ、一時的にためておかれる臓器です。内側を移行上皮細胞という伸縮性のある粘膜でおおわれた袋で、尿がたまってこの袋が伸びると尿意を感じます。排尿すると、膀胱は尿を押し出しながらまた... 続きを読む

膀胱のはたらき-どれぐらいの尿を蓄えているの? 女性に多い膀胱炎

膀胱(ぼうこう)は尿をためておく“袋”です。恥骨(ちこつ)の後ろに位置し、その後ろ側は男性では直腸、女性では子宮と腟(ちつ)に接しています。袋の中の一番内側は粘膜層で、それを平滑筋(へいかつきん)という筋肉の層が覆っています。
腎臓で... 続きを読む

腎臓のはたらきとは? 腎臓病になりやすい人の6つの特徴

ものごとの重要なポイントを表すのに「肝腎」という言葉が使われます。腎とは文字通り腎臓のこと。肝臓と並んで人の命を左右する重要な臓器です。
腎臓の位置は腰より少し上の背中側で、左右1つずつあり、大きさはその人の握りこぶしより少し大きいくら... 続きを読む

産んだらなんとか…なりません! 知ってる人からはじめている産後を乗り切る準備とは

妊娠・出産は人生の大きな節目。だからこそ、多くの女性は準備を怠りません。「妊活」から始まり、懐妊後は呼吸法など出産に向けて勉強が続きます。しかし、産後のことはどうでしょう。赤ちゃんではなく、自分に対する産後支度。「とりあえず、産んだら何... 続きを読む