カインの効能・用量・副作用など

カインの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 かぜ薬(内用)
形状 散剤
製造販売会社 福岡薬工社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

カインの特徴

カインは解熱・鎮痛・消炎薬として効果がある「アスピリン」と,かぜの解熱,歯の痛み,のどの痛みに鎮痛作用を発揮する「アセトアミノフェン」及び疲労感を除き,精神機能を活発にし利尿作用を有する「カフェイン」に緑茶末を配合したかぜ薬です。

カインの効能効果

かぜの諸症状(悪寒・発熱・頭痛・関節の痛み・筋肉の痛み・のどの痛み)の緩和

カインの用法用量

次の用量を食後30分以内に服用してください。
[年齢:1回量:1日の服用回数]
大人(15歳以上):1包:3回まで
小児(15歳未満):服用しないこと
(用法関連注意)
定められた用法・用量を厳守すること。

カインの成分分量

3包(2.25g)中
アスピリン 850mg
アセトアミノフェン 390mg
カフェイン 50mg
(添加物)
バレイショデンプン,緑茶末

カインの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の状態が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)本剤又は他の解熱鎮痛剤,かぜ薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。
(3)15歳未満の小児。
(4)出産予定日12週以内の妊婦。
2.本剤を使用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないこと
他の解熱鎮痛剤,かぜ薬,鎮静薬。
3.服用前後は飲酒しないこと
4.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,歯科医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
(4)高齢者。
(5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(6)次の診断を受けた人。
心臓病,腎臓病,肝臓病,胃・十二指腸潰瘍
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,青あざができる
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,胸やけ,胃もたれ,腹痛,下痢,血便,胃腸出血
精神神経系:めまい
その他:鼻血,歯ぐき出血,出血が止まりにくい,出血,発熱,のどの痛み,背中の痛み,過度の体温低下
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診断を受けること。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)がでる,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する。
中毒性表皮壊死融解症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)がでる,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する。
急性汎発性発疹性膿疱症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)がでる,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
腎障害:発熱,発疹,尿量の減少,全身のむくみ,全身のだるさ,関節痛(節々が痛む),下痢等があらわれる。
間質性肺炎:階段を上がったり,少し無理をすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続する。
ぜんそく:息をするときゼーゼー,ヒューヒューとなる,息苦しい等がある。
再生不良性貧血:青あざ,鼻血,歯ぐきの出血,発熱,皮膚や粘膜が青白く見える,疲労感,動悸,息切れ,気分が悪くなりくらっとする,血尿等があらわれる。
3.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

カインの保管上の注意

1.直射日光を避け,なるべく湿気のない涼しいところに保管すること。
2.小児の手の届かない所に保管すること。
3.誤用を避け,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないこと。
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。

カインに効果効能が似た薬

カインが気になる人向けのコラム

緑茶の6つの健康効果-茶葉から淹れたお茶の方が栄養分は豊富

古くは中国から伝わったものですが、食後の一服や「ホッ」と一息というとき、また気分をしゃんとさせたいときにも、緑茶は私たち日本人にとって欠かせない飲みものとなっています。
緑茶は、かつては薬として貴族たちの間で珍重されていました。ビタミン... 続きを読む

緑茶はちみつで腸を綺麗にして痩せる

緑茶ハチミツ
緑茶とはちみつはどちらもダイエット効果が知られていますが、緑茶ハチミツダイエットという言葉を聞いたことがあるという人は少ないかもしれません。緑茶の抗酸化成分が、腸の細胞につくサビをつきにくくしてくれ、腸の動きを活性化してく... 続きを読む

1日緑茶5杯、コーヒー4杯で長生き? カテキンとカフェインの健康効果

あなたは緑茶またはコーヒーを1日何杯くらい飲んでいるでしょうか?
日本人にとって、緑茶は昔からなじみの深い飲み物ですが、今ではコーヒーも欠かせない飲み物になっていますね。食後や仕事の合間に、あるいは一息入れたいとき、緑茶やコーヒーを飲むと... 続きを読む

短い時間で楽々!筋肉緊張ダイエット

筋肉緊張
自分が痩せたいと思っている体の筋肉に力を入れる、これが筋肉緊張ダイエットです。脂肪を燃焼させることから常態変換法ダイエットととも呼ばれたりすることがあります。手順は至ってシンプルです。胸の筋肉の引き締めを行う場合は、胸を張り、... 続きを読む

カテキン豊富の緑茶で空腹ダイエット!

緑茶
緑茶に含まれている成分「カテキン」は、肝臓や筋肉での脂質代謝を促してくれる効果を発揮してくれる成分です。シンプルに言うと、脂肪が燃焼しやすくなるもので、ダイエットには最適な美容成分が含まれているのです。それからカフェイン、これは体... 続きを読む