ケンエーコフコールの効能・用量・副作用など

ケンエーコフコールの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 かぜ薬(内用)
形状 液剤
製造販売会社 大洋薬品工業・大
販売会社 健栄製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ケンエーコフコールの特徴

眠くなりにくいかぜ薬

ケンエーコフコールの効能効果

頭痛,発熱,悪寒がして,頸・肩・背などがこり,自然発汗がなく,比較的体力のあるものの次の諸症:感冒,鼻かぜ,せき・たんのでるかぜ

ケンエーコフコールの用法用量

通常,大人:1回:10mL宛
13才?8才:1回:6mL宛
7才?5才:1回:4mL宛
4才?2才:1回:2mL宛
2才未満:1回:1mL宛
1日3回服用してください
(添付のコップは10mLです)
(用法関連注意)
●用法用量を厳守してください
●小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください
●2才未満の乳幼児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください
●本剤は,生薬成分が配合されているので沈殿を生じることがありますが,薬効には支障がないので,よくふって服用してください

ケンエーコフコールの成分分量

1瓶(30mL)中
葛根湯エキス 1800mg (カッコン3.96g,マオウ・タイソウ各3.06g,ケイヒ・シャクヤク・ショウキョウ・カンゾウ各1.98g)
地竜流エキス 3mL
シャゼンシ流エキス 3mL
キキョウ流エキス 2mL
ゴオウチンキ 0.3mL
タウリン 150mg
チアミン硝化物 15mg
(添加物)
エタノール,D-ソルビトール,白糖,安息香酸ナトリウム,デヒドロ酢酸ナトリウム,パラベン,香料

ケンエーコフコールの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
●生後3ヵ月未満の乳児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
●医師の治療を受けている人
●妊婦又は妊娠していると思われる人
●体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)
●胃腸の弱い人
●発汗傾向の著しい人
●高齢者
●今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
●次の症状のある人
むくみ,排尿困難
●次の診断を受けた人
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この外箱を持って医師又は薬剤師に相談してください
●服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心,食欲不振,胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります
その場合は直ちに医師の診療を受けてください
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる
肝機能障害:全身のだるさ,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる
●5?6回服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には,医師又は薬剤師に相談してください

ケンエーコフコールの保管上の注意

●直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください
●小児の手の届かない所に保管してください
●他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
●使用期限を過ぎた製品は服用しないでください

ケンエーコフコールに効果効能が似た薬

ケンエーコフコールが気になる人向けのコラム

一石二鳥! 【大掃除テク】で二の腕、背肉、お尻がヤセる

年末が近づくとユーウツになるのが「大掃除」。やらなきゃいけないと思っていても面倒で、ついつい先延ばしになって……という人も多いのでは。でも、もしも大掃除がダイエットになるとしたら?
家がスッキリきれいになって部分ヤセもできる、そんな一石... 続きを読む

市販のかぜ薬の選び方と3つの注意点-症状や効果に合ってる?

かぜ薬は種類が多いわりには、うまく使い分けされていません。購入の際には、どれを選んだらよいかわからないままに、商品名や値段だけで選んでいる人が多いようです。自分のいまの状態にとって最も必要なことは何か、症状に対し期待したい効果は何か、これ... 続きを読む

若い女性に増える子宮がん-早期発見には自覚症状が出てからでは遅い?

一般にがんになりやすい年齢は40歳以降といわれますが、子宮がんはむしろ若い世代に多いがんであるため、若い人も油断はできません。子宮がんには、子宮の入り口(頸部)にできる「子宮頸(けい)がん」と、子宮の奥(体部)にできる「子宮体がん」があり... 続きを読む

婦人科検診を受けるメリット-ゆったり検査できるレディスドッグ

厚生労働省の「平成19年国民生活基礎調査」によると、日本の女性のがん検診受診率は、胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮(頸)がんの平均が2割台前半でした。そのうち乳がん、子宮がんの受診率は、20.3%と21.3%でした。平成16年の同調... 続きを読む

仕事の合間にできるリラックス体操-胸と腰の疲れに効くゆるゆる体操

前回に引き続き、「ゆる体操」によるリラックスの方法を紹介します。今回は、「胸フワ背フワ体操」と、「下腹フワ腰フワ体操」を紹介します。
うっとうしい梅雨時は、気持ちが滅入りがちですね。このような状態のとき、私たちの呼吸はいつもより浅くな... 続きを読む