こどもパブロン坐薬の効能・用量・副作用など

こどもパブロン坐薬の基本情報

こどもパブロン坐薬

こどもパブロン坐薬

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 解熱鎮痛薬
形状 挿入剤
製造販売会社 大正製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

こどもパブロン坐薬の特徴

◆こどもの病気は発熱から始まるといわれるほど,もっとも一般的な症状です。しかし,体力の消耗などをまねくおそれがあるので,熱を下げることが大切です。
◆こどもパブロン坐薬は,お子さまの急な発熱を効果的に下げるお薬です。

こどもパブロン坐薬の効能効果

小児の発熱時の一時的な解熱

こどもパブロン坐薬の用法用量

次の量を肛門内に挿入してください。
[年令:1回量:使用回数]
6?12才:1?2個:1日1回
3?5才:1個:1日1回
1?2才:1/2?1個:1日1回
1才未満:使用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)本剤は,2日続けて使用しないでください。
(4)本剤は肛門にのみ使用し,内服しないでください。

こどもパブロン坐薬の成分分量

1個(1g)中
アセトアミノフェン 100mg
(添加物)
ハードファット

こどもパブロン坐薬の使用上の注意と副作用

本剤は小児用ですが,解熱薬として定められた一般的な注意事項を記載しています。
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)本剤又は他の解熱鎮痛薬,かぜ薬を使用してぜんそくを起こしたことがある人。
2.本剤を使用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください
他の解熱鎮痛薬,かぜ薬,鎮静薬
3.使用前後は飲酒しないでください
4.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者及び虚弱者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の診断を受けた人。
心臓病,腎臓病,肝臓病,胃・十二指腸潰瘍
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,下痢,軟便,便意
精神神経系:めまい
その他:過度の体温低下
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症,急性汎発性発疹性膿疱症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
腎障害:発熱,発疹,尿量の減少,全身のむくみ,全身のだるさ,関節痛(節々が痛む),下痢等があらわれる。
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
ぜんそく:息をするときゼーゼー,ヒューヒューと鳴る,息苦しい等があらわれる。
3.1 回使用しても再度発熱した場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

こどもパブロン坐薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない30℃以下の涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)坐薬の先を下に向けて外箱に入れ,外箱のマークに従って立てて保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後はなるべくはやく使用してください。(品質保持のため)

こどもパブロン坐薬に効果効能が似た薬

こどもパブロン坐薬が気になる人向けのコラム

知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度

小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?
「小児慢性特定疾患医療費助成制度」は子どもの健全な育成を目的とし疾患の治療方法の確立を目指す厚生労働省の『小児慢性特定疾患治療研究事業』の一環として施行されます。親は誰でも、赤ちゃんが誕生した瞬間か... 続きを読む

アレルギー性鼻炎は気管支ぜん息の危険因子? 早期治療が肝心

世界各地でアレルギー性鼻炎の患者さんが増加しています。青年層の50%以上に症状がみられる国もあります。アレルギー性鼻炎はしぐさや学習にさまざまな障害を引きおこし、睡眠などにも影響を及ぼします。さらに、経済的な損失も、決して低くはありません... 続きを読む

子どもが急に体調不良になったら…休日や夜間の救急電話相談

テレビや新聞、雑誌では、「医師不足」や「救急受け入れ拒否(たらい回し)」など医療崩壊を示唆するような報道が目につきます。この背景には、患者さん側からは「医療体制の不備」、医療者側からは「熱やせき程度の軽い症状で夜中に救急を受診するいわゆる... 続きを読む

子どもの虚弱体質を改善するツボマッサージ 優しくなでて刺激する

ツボ療法は、大人だけでなくお子さんにもよく効きます。ツボマッサージが得意とするのは、病気まではいかないけれど何か不調のある「未病」と呼ばれる状態。病気ではないのにすぐに疲れたり体調を崩しやすい「虚弱体質」も、未病といえるでしょう。
子... 続きを読む

大人のぜんそくが増えている-激しいせきはぜんそく?8つの症状

なかなか止まらない激しいせき、呼吸のたびにゼーゼー、ヒューヒューと鳴るのど、そして息苦しさ。このようなぜんそくの発作は、空気の通り道である気道の粘膜がちょっとした刺激に過敏に反応し、気道が狭くなることで起こります。
刺激に反応した気道で... 続きを読む