ゼリア「地竜エキス」顆粒の効能・用量・副作用など

ゼリア「地竜エキス」顆粒の基本情報

ゼリア「地竜エキス」顆粒

ゼリア「地竜エキス」顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 解熱鎮痛薬
形状 散剤
製造販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ゼリア「地竜エキス」顆粒の特徴

かぜをひいたときの突然の発熱や,原因不明の悪寒・ひきつけなどによる高熱はそのままにしておくと体力を消耗し,他の病気を併発する恐れがあるので,できるだけ早めの手当が大切です。
地竜は,正名を(蚯蚓(きゅういん)」と称し中国の医学薬学の書物の中でも古くから清熱鎮痙(熱を下げ悪寒を止めること)の目的で用いていたということです。その解熱作用は地竜中に含まれるある種のタンパク成分の働きによるといわれています。
ゼリア「地竜エキス」顆粒は,古くから民間の解熱薬として使われてきた「地竜」をエキス化し,さらにのみやすく顆粒状にした生薬の単味製剤です。

ゼリア「地竜エキス」顆粒の効能効果

感冒時の解熱

ゼリア「地竜エキス」顆粒の用法用量

[用法]
1日3回を限度とし,なるべく空腹時をさけて服用してください。なお,服用間隔は4時間以上おいてください。
[年齢:1回量]
成人(15才以上):1包
8才以上15才未満:1/2包
3才以上8才未満:1/4包
3才未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)定められた用法・用量を厳守してください。

ゼリア「地竜エキス」顆粒の成分分量

3包中
地竜エキス散 1500mg (地竜3000mg)
(添加物)
乳糖水和物,バレイショデンプン,ヒドロキシプロピルセルロース,香料,l-メントール

ゼリア「地竜エキス」顆粒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください
他のかぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮咳去痰薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する。
中毒性表皮壊死融解症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する。
3.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ゼリア「地竜エキス」顆粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割して服用した残りは,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ゼリア「地竜エキス」顆粒が気になる人向けのコラム

ガニアシ

「ガニアシ」——耳慣れないコトバですが、栄養や機能性成分の面で、昨今注目を集めている昆布の「仮根」のことです。
「家庭でよく食べられている根昆布とは違います。その通称から根昆布は、昆布の根っこと思われがちですが、実際は葉状体(昆布の食用... 続きを読む

シトルリン


その健康効果で、いま脚光を浴びているアミノ酸の一種。スイカ果汁から発見されたため、スイカの学名にちなんで命名された言葉です。
もともとは日本で1930年に発見された成分で、欧米では血流改善や疲労回復のサプリメントや薬として用いられてい... 続きを読む

公的保険に入っていれば十分じゃないの?

公的保険と民間の保険の関係とは
公的保険には、大きく分けて医療保険、介護保険、年金保険、労働保険の4つがあります。病気やケガ、死亡、介護、失業、老齢などになった場合、最低限の保障を受けられるように全ての国民が加入しています。保障内容は収... 続きを読む

乳清(=ホエイ)

乳清とは、牛乳から乳タンパクの主成分であるカゼインを除いたもの。水溶性のタンパク質や乳糖、水溶性ビタミン、ミネラル分をたっぷり含んでいます。英語で「ホエイ」ともいいます。
何だか難しそう?
でも身近な例では、ヨーグルトの上に溜まっている... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎とは? 風邪と見分け難い、症状や治療法など

肺炎というと、お年寄りがかかると命取りにもなりかねない病気ですが、マイコプラズマ肺炎は10~30代の若い人たちがかかることが多く、しかもわりと軽症なために普通のかぜと見分けがつきにくく、診断が遅れることがあります。一般的によく処方される抗... 続きを読む