パンセダンの効能・用量・副作用など

パンセダンの基本情報

パンセダン

パンセダン

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 催眠鎮静薬
形状 錠剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

パンセダンの特徴

●鎮静作用に効果の高い生薬を配合した植物性の静穏薬です。
●人前で緊張しやすい方,試験や会議の緊張感,禁煙中やダイエット中のいらいら感やそれにともなう頭重・疲労倦怠感の緩和におすすめの淡緑色のフィルムコーティング錠です。

パンセダンの効能効果

いらいら感・緊張感・興奮感の鎮静,上記にともなう頭重・疲労倦怠感の緩和

パンセダンの用法用量

下記の服用量を服用します。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
成人(15才以上):2錠:2回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

パンセダンの成分分量

4錠中
パッシフローラエキス 160mg
セイヨウヤドリギエキス 40mg
カギカズラエキス 90mg
ホップ乾燥エキス 36mg
(添加物)
リン酸水素Ca,CMC,乳糖,セルロース,ステアリン酸Mg,ヒプロメロース,酸化チタン,マクロゴール,銅クロロフィリンNa

パンセダンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の鎮静薬
2.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
3.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

パンセダンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。

パンセダンに効果効能が似た薬

パンセダンが気になる人向けのコラム

セルフイメージと自分自身は一致してる? ギャップがあると疲れる訳

「セルフイメージ(Self-image)」ということばを聞いたことがあるでしょうか。アメリカの心理学者Carl Rogersによると、「セルフイメージ」とは「自分が考える自分」、「自分が思っている自分」という意味です。「自分をどのように見て... 続きを読む

人間関係を円滑にするヒント-行動のパターンを知って気持を楽に

(人間関係で悩んでいる人は世の中にとても多いのではないでしょうか。)今回は、「自分」と「他者」と「もの(あるいは事柄や人物)」の3つの対象の関係について話をしたいと思います。あなたには非常に気に入っている友人がいます。その友人はあなたがすご... 続きを読む

嫌われて傷ついたときの7つの回復レシピ-嫌いがある人生は豊か?

人から「嫌われる」ということはつらいことです。それはなぜでしょうか? 出来れば自分が嫌いな人からも嫌われたくないと思うこともあるでしょう。嫌われたくないがために、無理して引き受けたり、断れずにいることもあります。「嫌われる」ということは、... 続きを読む

自己効力感とは? 新たなチャレンジには自分の力を信じる力が必要

自己効力感とは、心理学者アルバート・バンデューラによって提唱された心理学用語で、自己に対する信頼感や有能感のことを言います。人がある行動を起こそうとする時、その行動を自分がどの程度うまく行えそうか、という予測の程度によって、その後の行動の生... 続きを読む

周りと比べて落ち込まないためには-自分を測るものさしを他人にしない

日々、時間が流れる中で、皆さんは自分自身の評価をするとき、どんなものさしではかっていますか。 職場では評価表によってどれくらい自分が仕事をこなせているかを知り、学校では成績表によって勉強の習熟度をある程度知ることができます。数ヶ月毎に使わ... 続きを読む