エスタロンモカ12の効能・用量・副作用など

エスタロンモカ12の基本情報

エスタロンモカ12

エスタロンモカ12

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 眠気防止薬
形状 錠剤
製造販売会社 エスエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

エスタロンモカ12の特徴

ねむけ・だるさに
●仕事中や勉強中、“ねむけ”“だるさ”で能率が上がらない。でも、もうひとがんばり・・・。エスタロンモカ12はこんなときに役立つ、ねむけ除去剤です。
●コーヒー3?4杯分のカフェイン(1回量中)が、大脳皮質に作用してねむけを除きます。
●ビタミンB1・B6・B12がカフェインとともに働いて倦怠感(だるさ)をとります。
●携帯に便利なPTP包装です。
こんなときに・・・ 会議に 深夜の残業に 受験勉強に

エスタロンモカ12の効能効果

睡気(ねむけ)・倦怠感の除去

エスタロンモカ12の用法用量

次の1回量を1日2回を限度として服用してください。
服用間隔は6時間以上おいてください。
[年齢:1回量]
成人(15才以上):2錠
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)6時間以内の連続服用は避けてください。
(3)かまずに、水又はぬるま湯で服用してください。(かむと苦味があります。)
(4)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります。)

エスタロンモカ12の成分分量

2錠中
無水カフェイン 200mg
チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩) 5mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 5mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 7.5μg
(添加物)
カルメロースナトリウム(CMC-Na)、クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na)、セルロース、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース、ポビドン、マクロゴール、エチルセルロース、グリセリン脂肪酸エステル、ステアリン酸マグネシウム、タルク、酸化チタン、カラメル

エスタロンモカ12の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないでください
(1)次の症状のある人。 胃酸過多
(2)次の診断を受けた人。 心臓病、胃潰瘍
2.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください
他の眠気防止薬
3.コーヒーやお茶等のカフェインを含有する飲料と同時に服用しないでください
4.短期間の服用にとどめ、連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:食欲不振、吐き気・嘔吐
精神神経系:ふるえ、めまい、不安、不眠、頭痛
循環器:動悸

エスタロンモカ12の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限をすぎたものは服用しないでください。

エスタロンモカ12に効果効能が似た薬

エスタロンモカ12が気になる人向けのコラム

早産・流産を防ぐため気を付けること

そもそも早産と流産はどう違うの

早産(そうざん)とは、在胎週数(真の妊娠期間+2週)が22週 - 36週で出産することをいう。ただし、児が胎内で死亡していた場合には死産と呼び、在胎22週未満の場合には流産となる。基本的には児は適切な... 続きを読む

気にしてる?【遺伝子組み換え表示】には例外がたくさん

アメリカでは「遺伝子組み換え作物を表示する義務」を可決した州が出たと思ったら、今度は「遺伝子組み換え作物の表示義務を禁止する法律」が審議中だとか。 「あちらは大変ね。日本には表示義務があってよかったわ。ちゃんと『遺伝子組み換えでない』と... 続きを読む

妊娠初期の飛行機は大丈夫? 乗る際に気をつける10のこと

妊娠中の飛行機での移動は母体に負担がかかります。でも、どうしても移動しなければならないときは、事前準備をしっかりして、負担を軽減するように心がけましょう。 事前準備で母体への負担を軽減 移動は、妊娠中の体に負担になります。中でも、飛行機... 続きを読む

気になる太もものセルライトを除去するには

セルライトは何が原因

脂肪に老廃物が付着してできる脂肪のかたまり。または脂肪細胞同士が付着してできるかたまりをいう。お尻や太ももの裏側などにみられる、皮膚の表面がオレンジのようにデコボコしている状態。
セルライト - goo ヘル... 続きを読む

妊娠初期の出血の原因と対処法-少量なら大丈夫?気をつけること

待望の妊娠がわかって喜びもつかの間、出血があると急に不安になってしまいます。実は、妊娠初期の出血は、心配のないものも多くあります。原因と正しい対処法を知っておきましょう。 妊娠初期は、ほとんどが心配のない出血 妊娠初期は、出血しやす... 続きを読む