新オールPの効能・用量・副作用など

新オールPの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 眠気防止薬
形状 液剤
製造販売会社 オール薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

新オールPの特徴

新オールP内服液は無水カフェインを主薬とし、それにビタミン類その他の成分を配合したアンプル内服液です。
無水カフェインは中枢神経を興奮させて,眠気・倦怠感を除去し,精神的注意力を回復させる作用をあらわします。
新オールP内服液は自動車又は機械類の運転作業中の眠気による事故防止に,長時間の会議事の思考力維持,回復に,また深夜作業時の能力増進などに役立ちます。

新オールPの効能効果

眠気・倦怠感の除去

新オールPの用法用量

次の量を用時服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1アンプル(20mL):1回
15才未満:使用しないでください。
服用に際しては添付のストローで吸飲してください。
(用法関連注意)
(1)本剤は劇薬に相当する成分も含まれていますので,定められた用法・用量を厳守してください。
(2)1日2回以上の服用は避けてください。
(3)内服のみに使用してください。

新オールPの成分分量

1アンプル(20mL)中
無水カフェイン 200mg
グルタミン酸ナトリウム 40mg
L-リジン塩酸塩 100mg
チアミン塩化物塩酸塩 7mg
リボフラビン 2mg
ピリドキシン塩酸塩 5mg
シアノコバラミン 5μg
パントテン酸カルシウム 20mg
ニコチン酸アミド 20mg
イノシトール 200mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 500mg
グリセロリン酸カルシウム 20mg
ケイヒチンキ 0.05mL
ショウキョウチンキ 0.05mL
エタノール 0.8mL
(添加物)
クエン酸,白糖,D-ソルビトール,液糖,ハッカ油,香料

新オールPの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないでください。
(1)次の症状のある人
胃酸過多
(2)次の診断を受けた人
心臓病,胃潰瘍
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
他の眠気防止薬
3.コーヒーやお茶などのカフェインを含有する飲料と同時に服用しないでください。
4.短期間の服用にとどめ,連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)授乳中の人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,吐き気・嘔吐
精神神経系:ふるえ,めまい,不安,不眠,頭痛
その他:動悸

新オールPの保管上の注意

(1)小児の手の届かない所に保管してください。
(2)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(3)使用期限の過ぎた製品は服用しないでください。

新オールPが気になる人向けのコラム

寝ても寝足りない?こんな眠気の症状に要注意!

昼間の強烈な眠気はナルコレプシーかも
特に昼間、仕事などが手につかないほど強い眠気に襲われる場合は、ナルコレプシーという睡眠麻痺かもしれません。



ナルコレプシーは、昼間の耐えがたい眠気や、笑ったりびっくりすると全身の力が抜... 続きを読む

午後の眠気がなくなりスッキリ!「1分仮眠」のススメ

連日深夜までの残業が続き睡眠不足…そんなとき、午後になるとけだるい眠気に悩まされることはありませんか。そこでおすすめしたいのが、「1分仮眠」。忙しいときでも効率よく眠気がとれ、業務効率がアップします。 「1分仮眠」とは? パワーナッ... 続きを読む

アレルギー薬の抗ヒスタミンが眠くなるのは嘘? ヒスタミン5つの働き

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー病の患者さんの場合、アレルギーの原因となる物質が体内に入ってくると、これを体にとって「異物」として攻撃するために、免疫を担う白血球を構成する肥満細胞(※)が反応します。
この反応で肥満細胞はヒスタ... 続きを読む

卵巣が若いと妊娠率UP? 卵巣年齢のセルフチェックで確かめよう

卵子を作る元となる細胞がある卵巣は、妊娠の確率を上げるための重要な臓器のひとつです。卵巣は、生活習慣により実際の年齢よりも老けたり、若くなったりすることも。セルフチェックで確かめてみましょう。 卵子の数はどんどん減り続ける! 加齢とと... 続きを読む

冬場によく眠れない人の快眠術-眠りにちょうど良い室温は何度?

暖房の普及で、冬は寒くて眠れない、などということはほとんどなくなったでしょうが、一部の人、例えば冷え性の人などにとっては歓迎されない季節かもしれません。冬でも“春眠”なみの快適な眠りを確保するには、この季節なりの工夫が必要です。
まず... 続きを読む