ササイサンの効能・用量・副作用など

ササイサンの基本情報

ササイサン

ササイサン

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 健胃薬
形状 散剤
製造販売会社 和漢薬研究所
販売会社 カポニー産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ササイサンの特徴

私たちは,日常生活において,胸やけがする,胃がもたれるなど何らかの胃腸症状の経験をもっています。これは食べ過ぎ,飲み過ぎは勿論のこと,ストレス過剰社会での神経系バランスの崩れによる胃液分泌過多なども原因と言われています。
ササイサンは東洋医学の経験によって,和漢薬の特性を充分発揮されるよう,吸収,有効性を高めることを目標に創られております。ササイサンは天産物のオウバク,カンゾウのエキスにハッカ末を配合して,胆汁や膵液の分泌を良くし,また,過剰な胃液の分泌を抑えて,食べ過ぎ,消化不良,飲み過ぎ,二日酔などに効果のあるように処方した現代人に適した胃腸薬です。

ササイサンの効能効果

食欲不振,胃部・腹部膨満感,消化不良,胃弱,食べ過ぎ,飲み過ぎ,胸やけ,胃もたれ,胸つかえ,吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐

ササイサンの用法用量

次の量を食間に温湯又は水にて服用してください。(食間とは,食後2?3時間を指します。)
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:1包(1.5g):3回
11歳以上15歳未満:2/3包:3回
8歳以上11歳未満:1/2包:3回
5歳以上8歳未満:1/3包:3回
3歳以上5歳未満:1/4包:3回
3歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ササイサンの成分分量

3包(4.5g)中
カンゾウ乾燥エキス 0.9g (甘草3.6g)
オウバク乾燥エキス 0.4g (黄柏2.5g)
ハッカ 0.3g
(添加物)
乳糖水和物

ササイサンの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)高齢者。
(3)次の症状のある人。
むくみ
(4)次の診断を受けた人。
高血圧,腎臓病,心臓病
2.服用後,まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

ササイサンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)1包を分割して服用する場合には,残りは袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。

ササイサンが気になる人向けのコラム

ベランダでハーブを育てよう! 5つの注意点とハーブの効能

忙しい状態が続くと、心にゆとりを失いがちになります。自然に触れる機会の少ない都会では、なおさらですね。
自然は、たとえ小さな草花でも、四季の移り変わりなど私たちに多くのことを教えてくれます。実際に自分で育てた草花ならば、成長していく姿を... 続きを読む

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

鉄分

不足が許されないミネラルの一つで、赤血球のヘモグロビンを構成する主成分です。筋肉中のミオグロビン(ヘモグロビンに似たたんぱく質)というエネルギー源になる物質の成分としても使われます。 「血液中の赤血球は呼吸で取り入れた酸素を全身に運びます... 続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する
胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む