大粒虔脩熊参丸の効能・用量・副作用など

大粒虔脩熊参丸の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 健胃薬
形状 錠剤
製造販売会社 テイカ製薬
販売会社 クラシエ薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

大粒虔脩熊参丸の効能効果

胸やけ、もたれ(胃もたれ)、胸つかえ、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)、胃部・腹部膨満感、飲み過ぎ(過飲)、消化不良、胃弱、食べ過ぎ(過食)、食欲不振(食欲減退)、嘔吐

大粒虔脩熊参丸の用法用量

次の量を1日3回食後に服用。
成人(15才以上):1回2粒
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)

大粒虔脩熊参丸の成分分量

成人1日の服用量6粒(1粒56.0mg)中
ユウタン 12mg
センブリ末 50mg
チクセツニンジン末 100mg
稠厚牛胆 120mg
(添加物)
パラベン、炭酸Ca、アルファー化デンプン、タルク、CMC-Ca、薬用炭、セラック

大粒虔脩熊参丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
2.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この商品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

大粒虔脩熊参丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限のすぎた商品は服用しないでください。

大粒虔脩熊参丸に効果効能が似た薬

大粒虔脩熊参丸が気になる人向けのコラム

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する
胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

サボテンダイエットなら食欲を抑制できる

サボテン
サボテンは乾燥地で良く見られる植物です。
たくさんの刺が付いている種が多いですが、そんなサボテンが近頃ダイエットに良いと話題になっています。
サボテンは乾燥地でも枯れないように中に多くの水分を取り込めるようになっています。... 続きを読む

ヒスチジンを摂取して食欲コントロール

ヒスチジン
噛めば噛むほど満腹感が得られるので、減量にはよく噛むことが良いとされてきましたね。
これは、噛むことにより脳内からヒスタミンという成分が分泌され、食欲抑制に繋がるからだと最近の研究で分かりました。
よく噛むことはダイエッ... 続きを読む