イッケルの効能・用量・副作用など

イッケルの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 散剤
製造販売会社 龍角散
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

イッケルの特徴

イッケルは現代の食生活,生活環境を考えて処方した胃腸薬
イッケルは「タンパクや脂肪の取りすぎ」,「ストレスによる胃腸機能の減退」,「飲みすぎ・食べすぎ」など現代の食生活と生活環境を考えて処方した和漢生薬主製剤の胃腸薬です。

イッケルの効能効果

食欲不振,消化不良,食べ過ぎ,飲み過ぎ,胸やけ,胃部・腹部膨満感,胃弱,もたれ,吐き気(胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,悪心),嘔吐,胃酸過多,胃部不快感,胃重,胸つかえ,げっぷ,胃痛

イッケルの用法用量

次の量を食前又は食間に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包:3回
11歳以上15歳未満:2/3包:3回
8歳以上11歳未満:1/2包:3回
5歳以上8歳未満:1/3包:3回
3歳以上5歳未満:1/4包:3回
3歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

イッケルの成分分量

3包(3.9g)中
サンザシ末 1350mg
カンゾウ末 360mg
オウレン末 36mg
オウバク末 90mg
ケイヒ末 180mg
ショウキョウ末 90mg
チョウジ末 45mg
ウイキョウ末 90mg
ケイ酸アルミン酸マグネシウム 1479mg
(添加物)
結晶セルロース,l-メントール,香料

イッケルの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
透析療法を受けている人。
2.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)次の診断を受けた人。
腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘,下痢
3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

イッケルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)。
(4)1包を分割した残りを服用する場合には袋の口を折り返して保管し2日以内に服用してください。
(5)配置期限を過ぎた製品は服用しないでください。

イッケルが気になる人向けのコラム

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

乳清(=ホエイ)

乳清とは、牛乳から乳タンパクの主成分であるカゼインを除いたもの。水溶性のタンパク質や乳糖、水溶性ビタミン、ミネラル分をたっぷり含んでいます。英語で「ホエイ」ともいいます。
何だか難しそう?
でも身近な例では、ヨーグルトの上に溜まっている... 続きを読む

心の病気を予防する-こんな症状は要注意13のセルフチェック

現代社会を生きていくのに、ストレスと無縁ではいられません。「いや、私は一度もストレスを感じたことがない」といえる人がもしもいるとしたら、それはとても幸せな人だといっていいでしょう。なにしろ、「国民の2人に1人は過去1カ月間にストレスを感じ... 続きを読む

高タンパク低脂肪!豆腐料理はダイエットの味方

豆腐料理
大豆は「畑の肉」と呼ばれており、高タンパク・低脂肪で知られています。ダイエットをするうえで大事なことは、体脂肪を落とすことです。体脂肪を落とすための食事で重要なのは、脂質を減らすことと、タンパク質やビタミン・ミネラルをバランス... 続きを読む

漆喰塗料

「天然の空気清浄機」といわれるほど調湿性に優れ、防火性も高いことから、日本で広く使われてきた“漆喰”。 「昔から漆喰は、日本家屋の土壁の上に塗る仕上げ材として使われていました。お城や土蔵、寺社などの白い壁が漆喰です。有名な高松塚古墳の... 続きを読む