ザッツ錠の効能・用量・副作用など

ザッツ錠の基本情報

ザッツ錠

ザッツ錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 錠剤
製造販売会社 武田薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ザッツ錠の特徴

●胃が張った感じがする,胃がもたれるといった症状に適した胃腸薬です。
●胃腸機能を調整するカルニチン塩化物が弱った胃のはたらきを高め,胃部膨満感,胃もたれ等にすぐれた効果をしめします。また5種の健胃生薬がこのはたらきを助けます。
●3種の制酸成分の組み合わせにより,おだやかな制酸作用をしめし,胃重,胃部不快感,胸やけ等を緩和します。
●生薬のカンゾウが飲みすぎ,食べすぎ等により荒れた胃の粘膜の修復を助けます。
●スッとした清涼感と芳香があり,暗かっ色の微細な斑点がある淡黄かっ色?淡かっ色の服用しやすい錠剤です。

ザッツ錠の効能効果

胃部・腹部膨満感,胃もたれ,胃重,胃部不快感,食欲不振,胃弱。飲み過ぎ,食べ過ぎ,消化不良,胸つかえ。胸やけ,げっぷ,胃痛,胃酸過多,吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐

ザッツ錠の用法用量

次の量を,食前または食後に,水またはお湯で,かまずに服用すること。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:3錠:3回
8歳?14歳:2錠:3回
5歳?7歳:1錠:3回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。

ザッツ錠の成分分量

9錠中
カルニチン塩化物 450mg
チンピ乾燥エキス 150mg (陳皮1200mg)
コウボク乾燥エキス 20mg (厚朴240mg)
ソウジュツエキス(乾燥) 60mg (蒼朮300mg)
ショウキョウエキス(乾燥) 10mg (生姜100mg)
チョウジ末 30mg
カンゾウエキス末 125mg (甘草500mg)
合成ヒドロタルサイト 700mg
水酸化マグネシウム 450mg
ジヒドロキシアルミニウムアミノアセテート 300mg
(添加物)
合成ケイ酸アルミニウム,無水ケイ酸,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),ヒドロキシプロピルセルロース,l-メントール,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン

ザッツ錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
透析療法を受けている人。
2.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の診断を受けた人。
腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
口の渇き,便秘,下痢
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

ザッツ錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(4)ビンの中の詰め物は,フタをあけた後はすてること(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。詰め物は,輸送中に錠剤が破損するのを防止するためのものである)。
(5)服用のつどビンのフタをしっかりしめること(吸湿し品質が変わる)。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
(7)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入すること。
(8)一度開封した後は,品質保持の点から開封日より6ヵ月以内を目安になるべくすみやかに服用すること。

ザッツ錠が気になる人向けのコラム

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する
胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

ピロリ菌やがんから胃を守る-こんな不調があったら要注意?

食欲の秋なのに、なんとなく胃の調子がすぐれず「食べたいのに食べられない」と憂うつな気分になっている人はいませんか?
「日本人は胃が弱い」とはよくいわれます。がんの部位別死亡率をみると、最近は肺がんにトップの座を譲ったものの、長い間、胃が... 続きを読む

意外と知らない赤ちゃんのほっぺが赤い理由

急な温度変化でほっぺが赤くなる
赤ちゃんのほっぺが赤くなる一つの原因としてあげられるのが、急な温度変化です。冬の寒い時期、気温の低い屋外で赤ちゃんの頬は体内の熱を逃さないように毛細血管を細くして乗り切ろうとします。その状態から暖房の効い... 続きを読む