シロンSの効能・用量・副作用など

シロンSの基本情報

シロンS

シロンS

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 散剤
製造販売会社 ロート製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

シロンSの特徴

「シロンS」は,胃内の酸度を調整する制酸剤を始め,食物の消化を助ける消化酵素や弱った胃の働きをよくする健胃生薬を配合した粉末状の胃腸薬です。
「シロンS」は,日頃起こりがちな のみすぎ・食べすぎ・胸やけ・胃痛などといった不快な症状にすぐれた効果をあらわします。
どうか,この「シロンS」を正しくご使用くださいまして,胃腸の健康にお役立てください。

シロンSの効能効果

飲み過ぎ,食べ過ぎ,胃もたれ,胃痛,胸やけ,胃酸過多,胃部・腹部膨満感,消化促進,消化不良,吐き気(むかつき,二日酔・悪酔のむかつき,悪心),嘔吐,胃部不快感,げっぷ(おくび),胃弱,胸つかえ,胃重,食欲不振(食欲減退)

シロンSの用法用量

次の量を食後,水又はお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15才以上:1包:3回
11才以上15才未満:2/3包:3回
8才以上11才未満:1/2包:3回
5才以上8才未満:1/3包:3回
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

シロンSの成分分量

3包中
ケイヒ 120mg
ケイヒ油 7mg
シュクシャ 90mg
センブリ 3mg
炭酸水素ナトリウム 2286mg
重質炭酸マグネシウム 498mg
沈降炭酸カルシウム 450mg
サナルミン(水酸化アルミナ・マグネシウム) 402mg
ロートエキス 30mg
ビオヂアスターゼ500 129mg
プロザイム 21mg
(添加物)
l-メントール,セルロース,ケイ酸アルミニウム

シロンSの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないでください。
透析療法を受けている人
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
胃腸鎮痛鎮痙薬
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
(母乳に移行して乳児の脈が速くなることがある)
4.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人
排尿困難
(6)次の診断を受けた人
腎臓病,心臓病,緑内障,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
口のかわき
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
その他の注意
■その他の注意
母乳が出にくくなることがあります。

シロンSの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所にポリエチレン袋のチャックを閉めて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は服用しないでください。なお,使用期限内であっても一度開封した後はなるべく早くご使用ください。
(5)1包を分けて服用したときの残りは,薬包紙を折り返して封をするように閉じ,2日以内に使用してください。

シロンSが気になる人向けのコラム

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する
胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

胃がストレスに弱い理由は? 胃を健康に保つにはピロリ菌対策が必要

胃は私たちに最もなじみのある臓器でしょう。食べたものが食道を通って最初に落ち着く場所、消化の第一段階を行うところ。これ以降のさまざまな臓器の働きはいま一つわかりにくいものがありますが、その点、胃の働きに対するイメージは比較的単純。また、「... 続きを読む

食物アレルギーは負荷試験で正確な診断ができる-治療も可能?

アレルギー疾患のうち、アトピー性皮膚炎や喘息の患者さんの数の増加傾向は頭打ちになりつつありますが、食物アレルギーの患者さんは先進国を中心に増えています。
人の体には、細菌やウイルスのような異物を排除して体を守ろうとする免疫というシステ... 続きを読む