パンジアス顆粒の効能・用量・副作用など

パンジアス顆粒の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 散剤
製造販売会社 テイカ製薬
販売会社 白石薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

パンジアス顆粒の特徴

すっきりしたのみごこちの顆粒タイプ。消化酵素と健胃生薬(淡褐色の顆粒)に制酸剤(白色の顆粒)を配合し、消化を助け、弱った胃腸の働きを高めます。

パンジアス顆粒の効能効果

食欲不振(食欲減退)、胃部・腹部膨満感、消化不良、胃弱、食べ過ぎ、飲み過ぎ、胸やけ、もたれ(胃もたれ)、胸つかえ、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐、消化促進、消化不良による胃部・腹部膨満感

パンジアス顆粒の用法用量

次の1回量を1日3回、毎食後に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包:3回
11歳以上15歳未満:2/3包:3回
8歳以上11歳未満:1/2包:3回
5歳以上8歳未満:1/3包:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

パンジアス顆粒の成分分量

大人1日量3包(1包:1200mg)中
ビオヂアスターゼ1000 90mg
プロザイム 18mg
ホミカエキス散 200mg (ホミカエキス20mg)
センブリ末 10mg
l-メントール 20mg
炭酸水素ナトリウム 1500mg
炭酸マグネシウム 440mg
(添加物)
デキストリン、バレイショデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、トウモロコシデンプン、乳糖

パンジアス顆粒の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の診断を受けた人。
腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

パンジアス顆粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用してください。
(5)使用期限(ケースに記載)を過ぎた製品は、服用しないでください。

パンジアス顆粒が気になる人向けのコラム

「糖化」は10歳老ける? 糖分の摂りすぎが老化を進める理由

お肌の老化を促す原因として「糖化」が注目されています。糖化とは、体の中のたんぱく質や脂肪が糖と結びついて変性・劣化すること。その過程でAGEs(エージーイーズ:たんぱく糖化反応最終生成物)という褐色の老廃物を生成しますが、このAGEsが細... 続きを読む

うんちの色や形からわかる健康状態-赤い便や黒い便は要注意?

水洗トイレの普及で、私たちは排泄したうんちの様子を見ることができます。じっくり観察する勇気さえあれば、その状態から今の自分の体調をある程度推測できるのです。
私たちが摂取した食べ物は、口から肛門(こうもん)まで、成人だと10m近くにも... 続きを読む

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

月見草オイルダイエットとは

月見草オイル
月見草オイルダイエットとは、月見草オイルに含まれる必須脂肪酸に着目したダイエットです。月見草オイルは「イブニングプリムローズオイル」とも呼ばれます。月見草の種子から取れるオイルです。月見草オイルダイエットでは、月見草オイル... 続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する
胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります... 続きを読む