大正漢方胃腸薬の効能・用量・副作用など

大正漢方胃腸薬の基本情報

大正漢方胃腸薬

大正漢方胃腸薬

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 散剤
製造販売会社 大正製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

大正漢方胃腸薬の特徴

◆大正漢方胃腸薬は,安中散と芍薬甘草湯の組み合わせにより,ふだんから胃腸が弱く,不規則な食生活や夏バテなどで胃腸が不調である,食欲が出ない,といった人に適した胃腸薬です。
◆食事をおいしく楽しみたい方,疲れた胃の調子を改善したい方などの胃のもたれ・不快感,食欲不振等の胃腸症状を改善します。
◆香り・風味の良い微粒タイプです。

大正漢方胃腸薬の効能効果

胃のもたれ,胃部不快感,胃炎,胃痛,げっぷ,食欲不振,腹部膨満感,胸つかえ,胸やけ,胃酸過多,腹痛,はきけ(むかつき,悪心)

大正漢方胃腸薬の用法用量

次の量を食前又は食間に水又はぬるま湯で服用してください。
[年令:1回量:服用回数]
15才以上:1包:1日3回
5?14才:1/2包:1日3回
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

大正漢方胃腸薬の成分分量

1包(1.2g)中
安中散 700mg (ケイヒ200mg,エンゴサク・ボレイ各150mg,ウイキョウ75mg,シュクシャ・カンゾウ各50mg,リョウキョウ25mg)
芍薬甘草湯エキス末 140mg (シャクヤク・カンゾウ各280mg)
(添加物)
無水ケイ酸,バレイショデンプン,乳糖,セルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,タルク

大正漢方胃腸薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
医師の治療を受けている人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

大正漢方胃腸薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

大正漢方胃腸薬が気になる人向けのコラム

母の存在が重い…【母娘クライシス】を抜け出す6つのコツ

年末年始に帰省したものの、母親との関係にどっぷり疲れて……。そんな、実母との確執に悩む女性が増えているようです。“母娘クライシス(危機)”はどうすれば乗り越えられるのでしょうか。 良妻賢母だった母が
特に娘を苦しめる! 多くの女性た... 続きを読む

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

夏バテの原因や症状-対処法や食事で気をつけることは?

うっとうしい梅雨が明けて太陽ギラギラの夏本番ですが、相変わらず湿度は高いのが日本の夏。人間の体は暑いと汗を出し、汗が蒸発するときの気化熱で体温が下がるのですが、湿度が高いと汗が蒸発しないため体温が下がりにくく、体には大きな負担となります。... 続きを読む

夏バテにならない食事法とは? 量より質が大事


「体がだるい」「食欲が低下した」など、今年も、またつらい夏バテの季節がやってきました。
夏バテの症状は、慢性的な疲労や食欲不振、イライラ、めまいなど。放っておくと熱中症など致命的な病気につながるケースもあるので、甘くみるのは禁物で... 続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する
胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります... 続きを読む