エバシェリーンの効能・用量・副作用など

エバシェリーンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 散剤
製造販売会社 薬王製薬
販売会社 エバース・ジャパン
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

エバシェリーンの特徴

エバシェリーンは生薬ハーブの作用で自然な便通を促すよう工夫された植物性の便秘治療薬です。

エバシェリーンの効能効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:肌あれ,吹出物,のぼせ,頭重,腹部膨満,腸内異常発酵,食欲不振(食欲減退),痔

エバシェリーンの用法用量

次の量をなるべく空腹時に服用してください。
[年齢:1回服用量:用法]
成人(15歳以上):0.5?0.75g:1日2回を限度とし,服用間隔は4時間以上おいてください。
11歳以上15歳未満:0.25?0.5g:1日2回を限度とし,服用間隔は4時間以上おいてください。
7歳以上11歳未満:0.1875?0.375g:1日2回を限度とし,服用間隔は4時間以上おいてください。
7歳未満:服用しないでください。
ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量してください。
★添付のスプーン1杯は約0.75g 計量線2/3は約0.5g 1/2は約0.375gです。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

エバシェリーンの成分分量

1.5g中
センナ実 1.125g
センナ 0.375g
(添加物)
なし

エバシェリーンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
3.大量に服用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

エバシェリーンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。開封後は冷蔵庫に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限の過ぎた製品は使用しないでください。
■品質保持には万全の注意をはらっておりますが,本品は植物性の生薬の為,開封後は保管が悪いとカビたり,虫がついたりするおそれがあります。

エバシェリーンが気になる人向けのコラム

内面を磨いてフェロモン美人に! 食事やハーブ・アロマの美容法

「キレイになりたい!」女性なら誰でもそう願っているはず。私もずっとその思いを胸にあらゆる美容法を実践し、この10数年はエステティックサロンの経営者として、多くの女性が美しくなるためにサポートしてきました。そのなかで気づいたのは、外面を整え... 続きを読む

バレリアン

「 最近、よく眠れない…」と感じたことありませんか?
でも、睡眠薬はちょっとイヤ、そんな時には、バレリアンというハーブがおすすめです。 「 バレリアンは、古代ギリシャ・ローマ時代から重宝されてきた薬草。名前の由来は、ラテン語で“健康になる”... 続きを読む

女性に特にオススメなハーブダイエット

ハーブ
ハーブダイエットはハーブを利用したお茶やサプリメント、アロマオイルなどを活用するダイエット方法です。
ハーブと一言で言ってもいろいろな種類がありますが、特にダイエットに期待されているのがアーティチョーク、オレガノ、カモミール、... 続きを読む

ローズマリー

ラベンダー、セージ、タイムなどと並ぶ代表的なハーブのひとつ。地中海沿岸地方原産のシソ科の低木で1年中緑の葉をつけます。和名はマンネンロウ。 「ラテン語の学名では“海のしずく”という意味が込められています。明るい紫色や薄い青色の花と独特の香り... 続きを読む

ハッカ(薄荷)

ハッカは全世界で栽培されるシソ科のハーブで、英名はミント。大きく分けて、昔から日本で栽培されていた日本ハッカと、外来種である西洋ハッカ(ペ パーミント)があります。 「 ハッカの葉をもむと、スーッとする独特な清涼感が感じられます。これはハ... 続きを読む