マツウラのジュウヤク(分包)の効能・用量・副作用など

マツウラのジュウヤク(分包)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 その他
製造販売会社 松浦薬業
販売会社 松浦漢方
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

マツウラのジュウヤク(分包)の特徴

ジュウヤクは、ドクダミの地上部を乾燥させたもので、古くからよく知られる生薬です。
体内の不要物を除くという一般的な意味での「毒下し」の効果があるため、民間薬として広く使われてきました。
「諸悪の根源」といわれる便秘を治し、肌の調子を整えます。

マツウラのジュウヤク(分包)の効能効果

便秘、便秘に伴う吹出物

マツウラのジュウヤク(分包)の用法用量

大人(15才以上)は、本品3包を和紙袋入りのまま水約600mLを加えて、約400mLぐらいまで煎じつめ、和紙袋とともに煎じかすを除き、煎液を食前又は食間3回に分けて服用してください。
ただし、小児は次の分量を1日3回に分けて服用してください。
15才未満7才以上:大人の2/3
7才未満4才以上:大人の1/2
4才未満2才以上:大人の1/3
2才未満:大人の1/4以下
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)生後3ヵ月未満の乳児には服用させないでください。なお、3ヵ月以上であっても1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。

マツウラのジュウヤク(分包)の成分分量

本品1日量(3包)中
日本薬局方 ジュウヤク 15g
(添加物)
なし

マツウラのジュウヤク(分包)の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
2.1ヵ月位(便秘の場合1週間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
3.本剤の服用により、まれに吹出物の症状が進行することもありますので、このような場合には、服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

マツウラのジュウヤク(分包)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わるため。)

マツウラのジュウヤク(分包)に効果効能が似た薬

マツウラのジュウヤク(分包)が気になる人向けのコラム

ピロリ菌やがんから胃を守る-こんな不調があったら要注意?

食欲の秋なのに、なんとなく胃の調子がすぐれず「食べたいのに食べられない」と憂うつな気分になっている人はいませんか?
「日本人は胃が弱い」とはよくいわれます。がんの部位別死亡率をみると、最近は肺がんにトップの座を譲ったものの、長い間、胃が... 続きを読む

妊娠初期の飛行機は大丈夫? 乗る際に気をつける10のこと

妊娠中の飛行機での移動は母体に負担がかかります。でも、どうしても移動しなければならないときは、事前準備をしっかりして、負担を軽減するように心がけましょう。 事前準備で母体への負担を軽減 移動は、妊娠中の体に負担になります。中でも、飛行機... 続きを読む

朝だけ断食で便秘を解消させる!モチリンのすごいデトックス効果

体が活発に動き始める春。でも、むくみや肌荒れ、便秘、冷えなど、ちょっとした不調に悩まされていませんか? これは、新陳代謝が悪くなる冬の間にためこんだ脂肪や毒素が悪さをするせい。そこでおすすめなのが「毒出し」。これで、春の体のお悩みにさよ... 続きを読む

妊娠初期の出血の原因と対処法-少量なら大丈夫?気をつけること

待望の妊娠がわかって喜びもつかの間、出血があると急に不安になってしまいます。実は、妊娠初期の出血は、心配のないものも多くあります。原因と正しい対処法を知っておきましょう。 妊娠初期は、ほとんどが心配のない出血 妊娠初期は、出血しやす... 続きを読む

意外と知られていない光線過敏症

日焼けと光線過敏症の違い

日焼けを起こすのは紫外線です。紫外線には長波長(UVA)、中波長(UVB)、短波長(UVC)の紫外線があり、通常は短波長のUVCは地表には届きません。
日焼けを起こすのはUVAとUVBで、とくにUVBの... 続きを読む