マツウラのセンナ(分包)の効能・用量・副作用など

マツウラのセンナ(分包)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 その他
製造販売会社 松浦薬業
販売会社 松浦漢方
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

マツウラのセンナ(分包)の特徴

センナは、インド原産のマメ科の植物で、世界最古と言われる医学書「エーベルスパピルス」に載っており、ヨーロッパで使われてきた薬です。

マツウラのセンナ(分包)の効能効果

便秘、便秘に伴う次の症状の緩和:吹出物、のぼせ、痔、頭重、肌あれ、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵

マツウラのセンナ(分包)の用法用量

大人(15才以上)は、本品1包を和紙袋入りのまま熱湯約150mLを加え、15分間煎じ、和紙袋とともに煎じかすを除き、煎液の半量?全量を1日1回就寝前に服用してください。
但し、小児は次の分量を1日1回就寝前に服用してください。
15才未満11才以上:大人の2/3
11才未満7才以上:大人の1/2
7才未満3才以上:大人の1/3
3才未満:服用させないでください。
なお、初回は最小量を用い、便通の具合や状態を見ながら少しずつ増量又は減量してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

マツウラのセンナ(分包)の成分分量

本品1日量(1包)中
日本薬局方 センナ 3g
(添加物)
なし

マツウラのセンナ(分包)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください。
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
3.大量に服用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)次の症状のある人
はげしい腹痛、吐き気・嘔吐
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:はげしい腹痛、吐き気・嘔吐
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

マツウラのセンナ(分包)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり、品質が変わるため。)

マツウラのセンナ(分包)に効果効能が似た薬

マツウラのセンナ(分包)が気になる人向けのコラム

甘草グラブラポリフェノール

ヨーロッパでは「リコリス」として4 千年以上も昔からなじみのあるマメ科の植物、「甘草グラブラ種」。お菓子やお酒にもよく使われており、その根茎に多く含まれている成分を抽出したのが「甘草グラブラポリフェノール」です。最近、ダイエット系サプリの... 続きを読む

マスティック

「あなたの歯茎は健康ですか?」
コマーシャルみたいな質問ですが、日本人の80%が歯周病に罹患しているといわれています。まずは、次の項目をチェックしてみて下さい。 1 歯を磨いたときに出血する 2 口臭がする 3 朝起きたときに口の中がネバ... 続きを読む

インド伝承のアーユルヴェーダとは? 自分でできるマッサージ法

悠久の歴史を持つインド。アーユルヴェーダはそこで生まれた伝承医学です。最近ではエステのメニューなどでもしばしば耳にする言葉なので、関心を持っている人も多いことでしょう。アーユルヴェーダが誕生したのは約3千年前といわれています。語源はサンス... 続きを読む

体に毒素をためない方法とは-アーユルヴェーダの呼吸でリラックス

アーユルヴェーダというと、マッサージを思い浮かべる方が多いかもしれませんね。ハーブオイルを用いて全身をマッサージしたり額や頭にたらす施術・シロダラーは「究極の癒(いや)し」という感じがしますが、アーユルヴェーダの魅力はそれだけではありませ... 続きを読む

モリンガ

モリンガはワサビノキ科の落葉高木。原産国のインドでは、5千年もの昔から伝統医学のアーユルヴェーダで利用され、メディカルハーブとして食されたり、オイルマッサージに使われてきました。その分布は数千年の歴史の中でインドネシア、フィリピン、アフリ... 続きを読む