ヤマトセンナ顆粒の効能・用量・副作用など

ヤマトセンナ顆粒の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 散剤
製造販売会社 大和合同製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ヤマトセンナ顆粒の特徴

古くからアラビアの医師によって使用されていた植物で,欧米諸国では繁用されている緩下薬です。
日本でもセンナといえば,便秘及び便秘に伴う諸症状の緩和に広く用いられています。原産地はアフリカ,アラビア半島南部,インドなどで,日本は主に,インド南部から輸入しています。
有効成分として,アントラキノン誘導体のSennosideA・B,rhein,aloe-emodin,chrysophanolなどが知られています。

ヤマトセンナ顆粒の効能効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常発酵,痔。

ヤマトセンナ顆粒の用法用量

1日2回朝夕の食前に服用してください。
ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量または減量してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:1/2包?1包:2回
11歳以上15歳未満:1/3包?2/3包:2回
7歳以上11歳未満:1/4包?1/2包:2回
7歳未満の小児:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ヤマトセンナ顆粒の成分分量

2包(3g)中
日局センナ末 1000mg
(添加物)
乳糖,トウモロコシデンプン,アラビアゴム末

ヤマトセンナ顆粒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
3.大量に服用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この箱を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この箱を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この箱を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。

ヤマトセンナ顆粒の保管上の注意

(1)直接日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
※本製品は天然物(生薬)を用いておりますので,若干色調が異なることがありますが,効果は変わりありません。

ヤマトセンナ顆粒に効果効能が似た薬

ヤマトセンナ顆粒が気になる人向けのコラム

インド伝承のアーユルヴェーダとは? 自分でできるマッサージ法

悠久の歴史を持つインド。アーユルヴェーダはそこで生まれた伝承医学です。最近ではエステのメニューなどでもしばしば耳にする言葉なので、関心を持っている人も多いことでしょう。アーユルヴェーダが誕生したのは約3千年前といわれています。語源はサンス... 続きを読む

体に毒素をためない方法とは-アーユルヴェーダの呼吸でリラックス

アーユルヴェーダというと、マッサージを思い浮かべる方が多いかもしれませんね。ハーブオイルを用いて全身をマッサージしたり額や頭にたらす施術・シロダラーは「究極の癒(いや)し」という感じがしますが、アーユルヴェーダの魅力はそれだけではありませ... 続きを読む

ヤーコンを食べて腸内すっきりダイエット!

ヤーコン
ダイエットに欠かせない要素として腸内環境をととのえる事、が挙げられます。

腸内環境をととのえる事で便秘などを防いで代謝を良くし、代謝が上がる事で脂肪が燃焼しやすくなる身体を作る事が出来ます。

中南米に位置しているア... 続きを読む

緑茶はちみつで腸を綺麗にして痩せる

緑茶ハチミツ
緑茶とはちみつはどちらもダイエット効果が知られていますが、緑茶ハチミツダイエットという言葉を聞いたことがあるという人は少ないかもしれません。緑茶の抗酸化成分が、腸の細胞につくサビをつきにくくしてくれ、腸の動きを活性化してく... 続きを読む

粉ミルクで腸内環境改善ダイエット!

粉ミルク
赤ちゃんが飲む物である粉ミルクには、大人が飲んでも有効な栄養素がたくさん含まれている事で知られています。

粉ミルクには人間の腸内のビフィズス菌を増やして悪玉菌を抑制する作用があり、腸内環境を正常に近づけてくれる効果を期待... 続きを読む