昭和ジュウヤクの効能・用量・副作用など

昭和ジュウヤクの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 その他
製造販売会社 昭和製薬・愛
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

昭和ジュウヤクの特徴

ジュウヤクは,日本をはじめ中国や東南アジアにも自生する多年草で,別名ドクダミとも言います。
初夏に白い花を付けますが,白い花弁は実は花ではなく中心の黄色の部分が花なのです。特異な臭いがありますが,乾燥すると臭いはなくなります。

昭和ジュウヤクの効能効果

便秘,尿量減少,便秘に伴う吹出物

昭和ジュウヤクの用法用量

大人(15歳以上)は1回1包を,水約200mLをもって煮て約150mLに煮つめ,滓をこして取り去り,1日3回,食前または食間に服用する。
(用法関連注意)
用法・用量を厳守すること。

昭和ジュウヤクの成分分量

3包中
ジュウヤク 15g
(添加物)
なし

昭和ジュウヤクの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
医師の治療を受けている人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この製品を持って医師又は薬剤師に相談すること
1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合

昭和ジュウヤクの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)保管の際は,袋ごと密封性の良い容器に入れること。
(5)煎液は他の飲食物と区別し,腐敗しない様冷所に保管すること。

昭和ジュウヤクが気になる人向けのコラム

フラワーエッセンスとは? 花の波動が心身のリラックスを助ける

美しく咲いている花を見ると、みずみずしいエネルギーをあたりに発散しているように感じられますね。そのような、花の持つパワーに着目した療法がフラワーエッセンスです。イギリスの細菌学者で医師のエドワード・バッチ博士が考案しました。さまざまな花が... 続きを読む

夏に向けて“緑のカーテン”を育てよう-ゴーヤの育て方

地球温暖化のせいでしょうか、夏の暑さが年々強くなるような気がしていませんか?
そんなことから、日当たりの良い南側や西日の当たる西側の窓とかベランダに、夏の間の日ざしをさえぎるため、つる性の植物をはわせる“緑のカーテン”づくりが関心を集めて... 続きを読む

花つぼみ

美肌や便秘解消に効果がある花つぼみが、口コミで人気です。中にはすでに身近なものもあり、バラのハーブティには、花のつぼみでできているものも。
実は、この花つぼみ、中国・清王朝の名門皇族・愛新覚羅(あいしんかくら)家に秘伝のレシピがあるほど... 続きを読む

バナバ茶でお腹すっきり!引き締めダイエット

バナバ
東南アジアから北オーストラリアなどに生息するバナバ葉には、食物繊維がとても豊富に含まれ、マグネシウムやカリウム、カルシウムなども多く含まれることから、血糖値を下げたり、脂肪を減少させる作用や腸内環境を整えることもでき、まさにダイ... 続きを読む

線虫がたった1滴の尿で早期がんを発見する! しかも費用は数百円?

2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなる時代。「がん」は日本人の死因第一位ですが、がんの死亡を防ぐには早期発見・早期治療がもっとも有効だといわれています。そこで、九州大学の研究グループは「がん患者の尿の匂いに線虫が反応する」... 続きを読む