イチジク浣腸10の効能・用量・副作用など

イチジク浣腸10の基本情報

イチジク浣腸10

イチジク浣腸10

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 浣腸薬
形状 挿入剤
製造販売会社 イチジク製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

イチジク浣腸10の特徴

今すぐに出したいお子様の便秘に。

イチジク浣腸10の効能効果

便秘

イチジク浣腸10の用法用量

1歳以上6歳未満:1回1個(10g)を直腸内に注入して下さい。
1歳未満:1回1個の約半量(5g)を直腸内に注入して下さい。
それで効果のみられない場合には,さらに同量をもう一度注入して下さい。
約半量の量り方…容器の中程を2本の指で軽く押し両指先が当たるまで注入して下さい。なお,残りの液は衛生上の問題から廃棄して下さい。
〔2本目を使用の際は,1時間あけた方が効果的です。〕
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)本剤使用後は,便意が強まるまで,しばらくがまんして下さい。
(使用後すぐに排便を試みると薬剤のみ排出され,効果がみられないことがあります。)
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(4)特に乳幼児の場合には,安易な使用を避け,浣腸にたよりすぎないよう注意して下さい。
(5)無理に挿入すると直腸粘膜を傷つけるおそれがあるので注意して下さい。
(6)冬季は容器を温湯(40℃位)に入れ,体温近くまで温めると快適に使用できます。
(7)浣腸にのみ使用して下さい。(内服しないで下さい。)

イチジク浣腸10の成分分量

1個(10g)中
グリセリン 5g
(添加物)
ベンザルコニウム塩化物,精製水

イチジク浣腸10の使用上の注意と副作用

本剤は小児用ですが,浣腸薬として定められた一般的な事項を記載しています。
■してはいけないこと
連用しないで下さい。
(常用すると,効果が減弱し(いわゆる“なれ””が生じ)薬剤にたよりがちになります。)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(流早産の危険性があるので使用しないことが望ましい。)
(3)1歳未満の乳児。
(4)高齢者。
(5)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐,痔出血
(6)次の診断を受けた人。
心臓病。
2.2?3回使用しても排便がない場合は,使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
その他の注意
■その他の注意
次の症状があらわれることがあります。
立ちくらみ,肛門部の熱感,腹痛,不快感

イチジク浣腸10の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい(誤用の原因になったり品質が変わる。)。
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

イチジク浣腸10が気になる人向けのコラム

死亡保障は何のためにやるの?

残された家族のために
まず考えるのが残された家族のことでしょう。 妻子がいる場合は生活費が膨大な負担になります。 遺族年金が支給されますが、あまり大きな額ではありませんので元の生活を維持することは難しいでしょう。 住宅ローンを組んでいる... 続きを読む

専業主婦に死亡保障は必要?

専業主婦が亡くなったときに起こるリスク
まず、専業主婦は家事と子育てのほとんどを担っているため、亡くなると家事負担がすべて夫にのしかかります。
そのため家事を外注する必要がでてきてその負担分がのしかかります。
また子供が小さい場合は... 続きを読む

【鼻づまり】はペットボトルと寝相で解消!

くしゃみや鼻水もつらいけれど、花粉でツラいのは「鼻づまり」という方も多いことでしょう。鼻づまりは花粉症などで鼻の穴の表面粘膜が炎症を起こして腫れ、空気が通れなくなることで起こります。 鼻づまりになると、頭がボーッとするだけでなく、鼻で... 続きを読む

副作用なし!【アレルギー抑制食材】でクシャミ鼻水をストップ

花粉前線が着々と北上中!
ティッシュとマスクが手放せない花粉症の季節がついに到来します。薬を飲めば、鼻水や涙は止まるけど、喉が乾く、眠くなるといった悩みも。今年は、副作用なしの食事で花粉症対策をはじめてみませんか? 医学的研究で明らか... 続きを読む

結婚したとき(専業主婦)の保険選び・見直しのポイント

ベースとなるのは働き手の死亡保障
1人の働き手が家族の生活を支える、いわゆる「大黒柱」と言いますが、一家の大黒柱が亡くなった場合、家庭の収入は基本的にゼロになってしまいます。そうなると貯金を切り崩していかなければなりませんが、そのために... 続きを読む