精華香砂養胃丸の効能・用量・副作用など

精華香砂養胃丸の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 香砂養胃湯
形状 錠剤
製造販売会社 八ッ目製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

精華香砂養胃丸の特徴

本剤は、中国明代に著された《万病回春》に記載されている「香砂養胃湯」の処方に基づくもので、「平胃散」と「四君子湯」を合方したものに、胃腸の働きを良くする香附子、縮砂、木香、白豆くの成分を加えた漢方の胃腸薬です。胃弱、胃腸虚弱、慢性胃腸炎、食欲不振の改善に効果があります。

精華香砂養胃丸の効能効果

体力虚弱なものの次の諸症
胃弱、胃腸虚弱、慢性胃腸炎、食欲不振

精華香砂養胃丸の用法用量

次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):10丸:3回
7歳以上15歳未満:6丸:3回
5歳以上7歳未満:4丸:3回
5歳未満:服用させないこと
(用法関連注意)
(1)用法及び用量を厳守して下さい。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

精華香砂養胃丸の成分分量

30丸中
香砂養胃湯エキス末 3.75g (ビャクジュツ・ブクリョウ各3g,ソウジュツ・コウボク・チンピ・コウブシ・ビャクズク・ニンジン各2g,モッコウ・シュクシャ・カンゾウ・タイソウ各1.5g,ショウキョウ1g)
(添加物)
バレイショデンプン、ハチミツ、カッセキ

精華香砂養胃丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人
むくみ
(6)次の診断を受けた人
高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

精華香砂養胃丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

精華香砂養胃丸が気になる人向けのコラム

要注意!ウイルス感染性胃腸炎の原因と対策

ウイルス感染性胃腸炎とは

乳幼児に発症するウイルス感染症で、冬場に流行する乳児の下痢(げり)・嘔吐症(おうとしょう)の約80%強を占めます。突然の嘔吐や水様性の下痢便が現れた時は、この病気を疑います。
ウイルス性急性胃腸炎(冬季下... 続きを読む

香酢ダイエットで脂質と糖質を燃焼させる!

香酢
ダイエットには様々な食品が用いられますが、大切な事は脂肪の燃焼と糖質の燃焼を促進させる事だと言われています。

今回ご紹介する「香酢ダイエット」は、脂質や糖質の燃焼を促進させるクエン酸と脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させるBC... 続きを読む

知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度

小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?
「小児慢性特定疾患医療費助成制度」は子どもの健全な育成を目的とし疾患の治療方法の確立を目指す厚生労働省の『小児慢性特定疾患治療研究事業』の一環として施行されます。親は誰でも、赤ちゃんが誕生した瞬間か... 続きを読む

小鼻の横のツボ【天迎香】を押すと花粉症やアレルギーが治る?

花粉症だけでなく難病まで改善するツボ 萩原カイロプラクティック院長の萩原秀紀先生が偶然見つけたツボ「天迎香(てんげいこう)」。花粉症などのアレルギー症状に効き、さらに難病まで改善するなど、その効果は発見した萩原先生も驚くほどだそう。 ... 続きを読む

慢性的な頭痛だと諦めていませんか?【イケメン脳神経外科医が語る健美ライフのすすめ】

心臓と同じリズムでこめかみがズキンズキンしたり、頭をギューッと締め付けられるように痛んだり、不意の頭痛には思わず眉根に力が入ってしまいます。軽度の頭痛なら市販薬で一時的にしのぐこともできますが、出来ればそもそも頭痛が起こらないようにした... 続きを読む