ボラギノールA軟膏の効能・用量・副作用など

ボラギノールA軟膏の基本情報

ボラギノールA軟膏

ボラギノールA軟膏

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 外用痔疾用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 天藤製薬
販売会社 武田薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ボラギノールA軟膏の特徴

1.4種の成分がはたらいて,痔による痛み・出血・はれ・かゆみにすぐれた効果を発揮します。
●プレドニゾロン酢酸エステルが出血,はれ,かゆみをおさえ,リドカインが痛み,かゆみをしずめます。
●アラントインが傷の治りをたすけ組織を修復するとともに,ビタミンE酢酸エステルが血液循環を改善し,痔の症状の緩和をたすけます。
2.使いやすさを考え,なめらかですべりのよい油脂性基剤を使用しています。
●刺激が少なく,油脂性基剤が傷ついた患部を保護します。
●白色?わずかに黄みをおびた白色の軟膏です。

ボラギノールA軟膏の効能効果

いぼ痔・きれ痔(さけ痔)の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和

ボラギノールA軟膏の用法用量

次の量を患部に直接塗布するか,またはガーゼなどにのばして患部に貼付すること。
[年齢:1回量:1日使用回数]
成人(15歳以上):適量:1?3回
15歳未満:使用しないこと
(用法関連注意)
(1)肛門部にのみ使用すること。
(2)用法・用量を厳守すること。

ボラギノールA軟膏の成分分量

1g中
プレドニゾロン酢酸エステル 0.5mg
リドカイン 30mg
アラントイン 10mg
トコフェロール酢酸エステル 25mg
(添加物)
白色ワセリン,中鎖脂肪酸トリグリセリド,モノステアリン酸グリセリン

ボラギノールA軟膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は使用しないこと
(1)本剤または本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)患部が化膿している人。
2.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
その他:刺激感,化膿
3.10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

ボラギノールA軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
(5)本剤は油脂性の軟膏であるため,衣類などに付着すると取れにくくなることがあるので注意すること。
(6)チューブを繰り返し折り曲げないこと(破れの原因となる)。

ボラギノールA軟膏が気になる人向けのコラム

うつ病は抗うつ剤を飲まずに完治できる? 抗うつ剤の副作用-うつに効く漢方

以前より治療法が増えてきているうつ病ですが、治療の中心となるのは、薬物療法。抗うつ剤を用いた治療が多く行われています。軽い症状の場合は、漢方が有効に働くことも。この代表的な2つの治療薬についてまとめました。 薬で不足した脳内神経伝達物... 続きを読む

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

地中海式ダイエットのメリットとは

地中海式
植物性油脂の油であるオリーブオイルを摂る事でほとんどの油分を賄っている地中海式食生活は、動物性油脂を摂るより肥満や心臓疾患などをずっと減らす事ができると証明されています。
植物性脂肪の油である「オリーブオイル」でほとんどの油... 続きを読む

ウォーターオーブンで油を落とした料理を

ウォーターオーブン
ダイエットをしているときに気になるのが、料理のカロリーではないでしょうか?頑張って運動をしてカロリーを消費しても、脂っこい食事をしてしまったら、その努力が水の泡となってしまいます。
ウォーターオーブンは、加熱水蒸気... 続きを読む

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む