ガラナポーンの効能・用量・副作用など

ガラナポーンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬
形状 錠剤
製造販売会社 大東製薬工業
医薬品区分 要指導医薬品
リスク区分 要指導医薬品

ガラナポーンの特徴

本剤の主成分であるヨヒンビン塩酸塩は西アフリカ地方特産のヨヒンベというアカネ草科の植物の葉や樹皮中に含まれるアルカロイドが起原でその作用は勃起中枢にはたらきかけ,生殖器血管を拡張させ,充血をもたらす作用があります。勃起力が充分でない人,性欲もあり勃起能力もあるが性交時に勃起しない人或いは途中で萎えてしまう人に,これら諸症状の改善,回復のために服用していただきたい医薬品です。ただし,脊髄に支障がある人,外傷などで陰茎にくる神経がおかされている人は,効果が期待できないことがあります。

ガラナポーンの効能効果

老衰性陰萎,衰弱性射精,神経衰弱性陰萎

ガラナポーンの用法用量

大人1回1錠1日3回服用する。小児は用いず。
[注 意]
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)空腹時をさけて服用してください。
(用法関連注意)

ガラナポーンの成分分量

3錠中
ヨヒンビン塩酸塩 15mg
(添加物)
ガラナエキス、アルギン酸ナトリウム,乳糖水和物

ガラナポーンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないこと
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)低血圧又は高血圧の人。
(3)心臓病、肝臓病、腎臓病の人。
(4)泌尿器・生殖器に炎症のある人。
(5)消化器に急性又は慢性の疾患のある人。
(6)女性。
(7)小児。
2.本剤を服用している間は、次の医薬品を使用しないこと
他のヨヒンビン製剤
3.服用後、乗り物又は機械類の運転操作をしないこと
4.服用前後は飲酒しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、水疱など)を起こしたことがある人。
(3)心臓病、肝臓病、腎臓病の既往歴のある人。
(4)次の医薬品を使用している人。
抗うつ剤、勃起不全治療剤
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師または薬剤師に相談すること
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
関係部位 症 状
皮 膚:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、鳥肌
消化器:胃痛、腹部膨満感、はき気
精神神経系:めまい、発汗、虚脱感
循環器:血圧上昇、どうき
その他:唾液分泌過多、ほてり、眼の充血、鼻水
(2)7日間位服用しても症状の改善がみられない場合。
(3)誤った飲み方をしてしまった場合。

ガラナポーンの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ガラナポーンが気になる人向けのコラム

薬は緑茶で飲んでも大丈夫? やっちゃいけない薬との飲み合わせは?

薬と食品の飲み合わせには注意が必要なものがあります。特定の飲み物と一緒に飲むと、効果が弱くなったり強くなったり副作用を引き起こすものもあるので注意しましょう。 薬を液体と一緒に飲むのは粘膜の保護のため そもそも、飲み薬はなぜ、そのまま... 続きを読む

フラバンジェノール

非常に高い抗酸化力を持つ成分「フラバンジェノール」。アンチエイジングに効果があり、化粧品やサプリメントに配合され人気になっています。皮膚に 塗ると血流を促進する作用も発見され、冷えが気になる季節の強い味方に。
フラバンジェノールは、フラ... 続きを読む

健康になるうえに商品券ももらえる!自治体の「健康ポイント制度」

ご当地キャラやふるさと納税など、地方が盛り上がっていますが、その波は健康づくりにも。健康にいいことをして、景品がもらえたり当たったりする自治体のサービスを知っていますか?
歩いたり、自治体や協賛する企業が行っている健康イベントに参加した... 続きを読む

バセドウ病はなぜ若い女性に多いの? 主な症状と治療法

バセドウ病は20~30歳代の若い女性に多い病気です。ちょうど就職、結婚、妊娠、出産など人生の大きな節目となるできごとが重なる年代で、それが病気の発症に深くかかわっていたり、治療を受けるうえで大きな不安材料になったりしています。なかには、バ... 続きを読む

何度も確認したくなる、不安がつきまとう…強迫性障害の症状とは

家を出たあとで「鍵をかけ忘れたかもしれない」「ガスコンロの火を消し忘れたかもしれない」などと気になって引き返す。こんな経験は誰にでもあるでしょう。
しかし、一度確認をして再び家を出たあと、今度は「確認したとき無意識にかぎを開けてしまった... 続きを読む