プリズマホルモン錠の効能・用量・副作用など

プリズマホルモン錠の基本情報

プリズマホルモン錠

プリズマホルモン錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬
形状 錠剤
製造販売会社 原沢製薬工業
販売会社 メイクトモロー
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第1類医薬品

プリズマホルモン錠の特徴

男性ホルモンは主に睾丸の間質細胞から分泌されており,先天的に睾丸の発育の悪い人を除けば,加齢と共に睾丸の機能も衰え,その結果,体内の男性ホルモンが不足していきます。
プリズマホルモン錠は男性ホルモンの前駆物質が含まれているブタ睾丸抽出物と,男性ホルモンのメチルテストステロンを主成分に,滋養強壮と胃腸機能を高めることにより滋養強壮効果を向上させる多種類の生薬が配合されており,中高年における男性ホルモンの分泌不足によって起きる男性の性欲減退,陰萎等の症状を改善する医薬品です。

プリズマホルモン錠の効能効果

陰萎,強精,官能性神経症,不感症,夢精,性慾減退症,不眠症

プリズマホルモン錠の用法用量

大人1回2錠,1日3回を毎食後又は食間に服用して下さい。
(病状により漸次増量し2倍量迄用いても差し支えない)
(用法関連注意)
定められた用法・用量を厳守して下さい。

プリズマホルモン錠の成分分量

6錠中
睾丸抽出物 500mg (固形分0.5mg)
メチルテストステロン 5mg
トウヒ・カンゾウエキス 100mg (固形分12.5mg)
トショウジツエキス 100mg (固形分4.5mg)
チンピ・トウヤク・ビャクシ・ショウキョウエキス 20mg (固形分1.4mg)
ガジュツ・大蒜エキス 100mg (固形分11.5mg)
タラ根・ゲンノショウコエキス 200mg (固形分15mg)
ウイキョウ・チョウコウ・ケイヒ・牛肝臓エキス 420mg (固形分18.9mg)
ニクズクエキス 10mg (固形分0.2mg)
(添加物)
アラビアゴム末,アルギン酸ナトリウム,カルナウバロウ,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),結晶セルロース,酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,精製セラック,精製白糖,ゼラチン,タルク,沈降炭酸カルシウム,トウモロコシデンプン,乳糖水和物,ヒドロキシプロピルセルロース

プリズマホルモン錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないで下さい
(1)アンドロゲン依存性悪性腫瘍(例えば前立腺癌)及びその疑いのある人
(2)肝機能障害のある人
(3)女性
(4)15歳未満の小児
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談して下さい
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人
排尿困難
(4)次の診断を受けた人
肝臓病,前立腺肥大症,心臓病,腎臓病,糖尿病,高血圧
(5)高齢者
(6)45歳未満で,精巣機能低下などの疑いがある人(本剤は原則として45歳以上の成人を対象としています)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:過敏症状
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい
[症状の名称:症状]
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.1?2ヶ月位服用しても症状の改善がみられない場合は,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください

プリズマホルモン錠の保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
2.小児の手の届かない所に保管して下さい。
3.他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります。)
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

プリズマホルモン錠が気になる人向けのコラム

眠たいのに寝られない、これって不眠症?

不眠症とは?
眠りたいのに眠れない、これは本当につらい経験です。眠れないからイライラしたり焦ったりして、また余計に眠れない…なんていう悪循環に思い当たる人も多いでしょう。


不眠症とは、実際の睡眠時間の長短にかかわらず睡眠不足感... 続きを読む

疲れやだるさに効くツボマッサージ-全身のツボが分かるイラスト

皆さんは「未病(みびょう)」という言葉をご存じですか?
健康診断、検査などで異常はないけれど、体の疲れやだるさ、胃腸の不調、手足の冷え、不眠などなんらかの体調不良を感じている状態、まだ病気ではないが放置するといずれ病気として治療が必要にな... 続きを読む

HRT

[HRT]とは耳慣れないコトバかもしれませんが、Hormone Replacement Therapyの頭文字をとった略語で「ホルモン補充療法」のことです。 「結論からいうと、閉経期(通常45~55歳)を迎え、女性ホルモン、とくにエストロ... 続きを読む

肩こり・首こりに効く-座ったままできる仕事の合間のストレッチ

肩や首のこりで悩んでいる人は多いでしょう。特に仕事で長時間デスクワークを行う人には、ひどいこりに悩まされる人が少なくありません。
肩こり・首こりは、多くの場合首から肩甲骨にかけての筋肉が緊張することで起こっています。緊張して硬くなった... 続きを読む

更年期後の健康管理-女性ホルモンとコレステロールの関係

「健診でLDLコレステロール値が高いといわれてしまった。とくに太ったわけでも、脂っこいものばかりを食べたわけでもないのに、なぜ?」50歳前後の更年期を迎えた女性に、このような経験をする人が増えてきます。
男性の場合コレステロール値の異... 続きを読む